蒼井優、下衆男役の松坂桃李は「本当に最低! 上手いところがまた最低!」

蒼井優、下衆男役の松坂桃李は「本当に最低! 上手いところがまた最低!」

画像提供:マイナビニュース

10月28日公開の映画『彼女がその名を知らない鳥たち』の完成披露試写会が28日、東京・新宿バルト9で行われ、蒼井優、阿部サダヲ、松坂桃李、竹野内豊、白石和彌監督が出席した。

ラブストーリーに夢を見られなくなった大人の女性たちに、「究極の愛とは何か?」というテーマを突きつけ、読者を虜にした沼田まほかるの同名小説を、『日本で一番悪い奴ら』などを手掛けた白石和彌監督が映画化した本作。クレーマーで自分勝手で嫌な女・十和子を蒼井優が、その十和子に異様な執着を見せる不潔でちんけで下劣な男・陣治を阿部サダヲ、さらに妻子がありながらも十和子と肉体関係を結ぶ下衆男・水島を松坂桃李、十和子の元恋人で別れる時に彼女の心や身体を傷つけたクズな男・黒崎を竹野内豊がそれぞれ熱演している。

元恋人の黒崎が忘れられずに会ってしまい、妻子ある水島とは不倫関係に走る十和子役の蒼井。「すみません。最低な女性です(笑)。ここにいる皆さん全員に嫌われると思います」と苦笑いで、女優のイメージを壊しかねない役柄のオファー時を「最初お話をいただいた時は阿部さんと白石監督しか確定してなかったんですけど、そのおふたりとお仕事が出来たらうれしいなと思って引き受けました」と承諾した理由を説明した。とはいえ、渡された台本を読み込むほど十和子が最低な女性ということが判明したそうだが、「私より最低な人がいて救われました。クズ合戦みたいな感じでしたね(笑)」と振り返った。自身が演じた十和子については「共感してないと言いたいんですけど、常識や人間関係などいろんなことを排除して、選択肢を広げているのが十和子なだけ。観てくれた友だちや知り合いは分かるところがあるとおっしゃる方も多いんです。永久凍結した部分が解凍されて、腐っちゃいました(笑)」と意外にも否定的ではなかった。

蒼井以上にこれまでのイメージを壊しかねないのが、見た目はハンサムなのに薄っぺらい言葉を次々とささやく下衆男・水島を演じた松坂桃李。「いや〜下衆だな〜っていうその一言に尽きますね。多分、女性の敵だろうなっていう、それぐらいペラペラペラ男です」と振り返った松坂に、初共演の蒼井が「松坂さんって現場ではすごい真面目で素敵な俳優さんなんですけど、水島は本当に最低でした。上手いところがまた最低!」と印象を語りだすと、松坂が「ダメだ! もうすぐ朝ドラが始まるから!」とイメージ払拭に必死だった。映画『彼女がその名を知らない鳥たち』は、10月28日より全国公開。

関連記事(外部サイト)