菊川怜、『とくダネ!』卒業で大号泣「正直揺れる気持ちも…」

菊川怜、『とくダネ!』卒業で大号泣「正直揺れる気持ちも…」

画像提供:マイナビニュース

女優の菊川怜(39)が29日、MCを務めていたフジテレビ系情報番組『とくダネ!』(毎週月〜金曜8:00〜)を卒業。号泣しながら番組への思いを語った。

番組終盤、小倉智昭キャスターから「怜ちゃんはきょう、本番が始まる前から涙が止まらなくて。残り20分になりました」と言われると、菊川は号泣。そして、2012年7月2日の初登場からの爆笑シーンや名シーンが流れると、笑顔や涙を見せながら映像を見つめた。

VTR後、小倉氏から「怜ちゃんの本心としてはもっと『とくダネ!』に関わっていたかったと思います。我々もいてほしかった。5年3カ月短かったでしょ?」と尋ねられると、菊川は「短いような長いような気も両方するんですけど、辞めるに当たって初めて分かったというか…こんなに『とくダネ!』が大好きで、皆さんが大好きだった」と涙。小倉氏は「もうちょっと早く気が付いてほしかった」とツッコみ笑いを誘った。

菊川は「視聴者のみなさんの前には見えないけど、大勢のスタッフ、出演者の方が…本当にありがとうございました」と言葉を詰まらせながら関わったすべての人に感謝。多くのスタッフが駆けつけたスタジオの様子も映された。

最後に、卒業を決めた後の心境について「正直揺れる気持ちも。私は本当に潔くない人間だと思いますけど…」と打ち明けると、小倉氏は「いやいや、潔かったよ。なかなかこれだけの番組の司会をやっていて自分から辞めますって言えないもんですよ。それを自分の考えで言ったところがれいちゃんの芯の強さが出てて良かったなと思います」とその決断を尊重し、「怜ちゃんが隣にいて笑顔を見ると本当に救わましたよ」とも。菊川は花束を渡され、「ありがとうございました!」と何度も頭を下げて感謝の思いを伝えた。

菊川は、フジテレビの中野美奈子アナウンサー(当時)の後を受け、2012年7月に同番組のキャスターに就任。今年4月28日の放送では、結婚を生報告した。なお、10月以降は、新人の海老原優香アナウンサーがMCアシスタントとして加入する。

関連記事(外部サイト)