キスマイ・宮田俊哉、初登場『アメトーーク!』で平成アニソンの魅力を熱弁

キスマイ・宮田俊哉、初登場『アメトーーク!』で平成アニソンの魅力を熱弁

画像提供:マイナビニュース

アイドルグループ・Kis-My-Ft2の宮田俊哉が、テレビ朝日系バラエティ番組『日曜もアメトーーク! 2時間半スペシャル』(10月8日18:30〜20:54)に初登場し、平成アニメソングの魅力を熱弁する。

今回は「昭和アニソン軍vs平成アニソン軍」と題し、昭和と平成のアニメソングを2つのチームに分かれて魅力やすごさを発表。昭和軍リーダーはケンコバ、メンバーに博多大吉、よゐこ濱口、麒麟川島。対する平成軍のリーダーは"ジャニーズ1のアニメオタク"であるキスマイの宮田が務め、足立梨花、ハライチ岩井、天津・向というマニアなメンバーを率いる。

アニソンの「ココが凄い」をプレゼン対決する企画では、宮田が『ラブライブ』が好き過ぎて、音楽番組でこっそり踊りを披露していたことが発覚。昭和軍は『バビル2世』『ライディーン』など、懐かしのアニソンをウラ話とともにプレゼンする。さらに大好きなアニソンの1シーンを本人が再現するコーナーも展開し、指原莉乃と陣内智則の審査で勝利チームが決まる。

この日の番組では、他にも「芸人体当たりマン決定戦」を放送。従来の「芸人体当たりシミュレーション」が、より競技性を高めたガチンコ対決に進化したもので、初登場の千鳥ノブ&大悟に、初の女性メンバー、ガンバレルーヤ。狩野英孝に、インテリのイメージが強いカズレーザー、三四郎小・宮らも続々に参戦する。そしてもちろん、アンガールズ田中とバイきんぐ小峠も登場する。

関連記事(外部サイト)