『ひよっこ』終了で続編・スピンオフ希望の声続出「まだまだ続きがみたい!」

『ひよっこ』終了で続編・スピンオフ希望の声続出「まだまだ続きがみたい!」

画像提供:マイナビニュース

女優の有村架純が主演を務めるNHK連続テレビ小説『ひよっこ』(毎週月〜土曜8:00〜)の最終回(第156回)が30日に放送され、感謝の声や終了を惜しむ声が続出。また、続編やスピンオフを期待する声も上がっている。

SNS上では、「半年間、ひよっこをありがとうございました!!大好き!!!」「半年間幸せな時間をありがとう」「こんなに純粋に毎日楽しみに見る朝ドラははじめてでした。みね子ありがとう!『がんばっぺ!』」「大好きだなぁ。こんなにしっかり観たドラマは久しぶり。ロス確実だわ」「ひよっことても良かった〜!もうひよっこロスだよ〜」「やべ、ひよっこロスだ。。」と感謝の声や"ひよっこロス"を訴える声が続出。

また、「続編希望です」「続編、スピンオフお願いします!!」「まだまだ続きがみたい!」「みね子とヒデの新婚生活見たい」「スピンオフはやっぱ綿引さんかな〜」「これから豊子と澄子が引っ越してくるのに、、、ゆかとやすはるだってねぇwwスペシャルやスピンオフを是非!」「由香とヤスハルのスピンオフが見たい」「スピンオフして欲しい人は、やっぱ愛子さん 省吾さんとの、夫婦姿を見てみた〜い!!」などと、続編やスピンオフを期待する声も多数上がっている。

連続テレビ小説第96作目となる同ドラマは、東京オリンピックが開催された1964年から始まる物語。奥茨城の小さな農家に生まれ育った谷田部みね子(有村)が、出稼ぎ先の東京で行方不明になった父・実(沢村一樹)を捜すため、高校卒業後に集団就職で上京し、友人や仲間たちとの泣き笑いの日々の中で成長していく姿を描いた。

関連記事(外部サイト)