『所さんの目がテン!』世界初"ジンベエザメの深海捕食シーン"撮影に成功

『所さんの目がテン!』世界初"ジンベエザメの深海捕食シーン"撮影に成功

画像提供:マイナビニュース

日本テレビ系科学バラエティ番組『所さんの目がテン!』(毎週日曜7:00〜)が、ジンベエザメの深海での捕食シーンの撮影に、世界で初めて成功した。10月8日の放送で公開される。

今回は、かごしま水族館と長崎大学の河邊玲教授らによる合同プロジェクトで、水族館から海に放流されることになったジンベエザメ「ユウユウ」にカメラなどを装着。これは「バイオロギング」という動物に小型カメラや行動記録計を取り付けて生態を探る研究手法で、4日後に回収したカメラの映像を、10月1日・8日の2週にわたって紹介する。

ユウユウの水族館からの搬出作業は困難を極め、回収作業も大海原での大捜索となり難航したが、9時間かけてなんとか成功。映像では、エラを開いてプランクトンを捕食している様子を捉えており、河邊教授によると、「深海に潜ってプランクトンを捕食しているシーンを捉えたのは、世界初」とのことだ。

関連記事(外部サイト)