有村架純、『ひよっこ』放送終了で感無量 - 続編は「チャンスがあれば」

有村架純、磯村勇斗らが茨城で『ひよっこ』ファン感謝祭に登場 続編にも意欲

記事まとめ

  • 有村架純がヒロイン・谷田部みね子役を務めてきたNHK連続テレビ小説『ひよっこ』
  • 茨城で行われたファン感謝祭では最終回の昼の放送をパブリックビューイング
  • 有村と佐久間由衣、泉澤祐希、恋人役の磯村勇斗も登壇、作品との別れを惜しんだ

有村架純、『ひよっこ』放送終了で感無量 - 続編は「チャンスがあれば」

有村架純、『ひよっこ』放送終了で感無量 - 続編は「チャンスがあれば」

画像提供:マイナビニュース

女優の有村架純が30日、茨城・高萩市文化会館で行われた「『ひよっこ』ファン感謝祭」イベントに登場。約1年間の撮影を「幸せでした」と振り返った。

この日は、有村がヒロイン・谷田部みね子役を務めてきたNHK連続テレビ小説『ひよっこ』の最終回で、会場では昼の放送をパブリックビューイング。感動のシーンに、客席から涙で鼻をすする音があちこちで聞こえ、その後、有村に加え、幼なじみの助川時子役を演じた佐久間由衣と角谷三男役の泉澤祐希、そして恋人役の前田秀俊(ヒデ)役を演じた磯村勇斗が登壇した。

最終回の放送を終えた心境を聞かれた有村は「昨日、おとといくらいから肩の力がドッと抜けて、それは今までみね子として走ってきた証なのかなと思って、この感じをすごく噛み締めています」とホッとした様子。前日に生出演した同局の情報番組『あさイチ』では、「終わってから完全燃焼しちゃうのか…」と話していたが、まだ「どうなるか分かんないですね」と言いながら、「疲れというよりも、安堵感ですかね」と気持ちを述べた。

最初にオファーを受けた当時について、「自分が朝ドラのヒロインをやらせていただくなんて思ってなかったので、すごくビックリして、受け止めるのに時間がかかったんですけど、(脚本の)岡田(惠和)さんや、プロデューサーの菓子(浩)さんからお話を伺っときに、これだけの思いをこの作品に賭けていてくれているのと、私に対して思ってくださってることを聞いて、この人たちの気持ちに絶対応えたいと思って、不安はあったけど、とっても前向きな気持ちで撮影に臨ませていただきました」と振り返り、「やって良かったです。現場の雰囲気が悪かったことは1日もなかったので、幸せでした」と、喜びを噛み締めた。

茨城での自然の中での撮影は苦労も多かったそうで、「蚊とかブヨにたくさん刺されました(笑)」と苦笑い。印象に残っているシーンをいくつか挙げ、木村佳乃演じる母親が、失そうした父親(沢村一樹)の捜索を、東京の警察署で涙ながらに訴えたシーンは「台本上では知っていても、実際にはどうなってるか分からなかったので、OAを見てお母さんと一緒に泣きました」と明かした。

また、トランジスタラジオ工場(向島電機)に入りたてで、作業で失敗続きの場面は「工場のシーンはずっとやってると、(部品を差し込む)穴が見えなくなってくるんですよ、目が霞んできて。差せないまま次に行っちゃったりして、みね子と同じ気持ちでやってました」と苦労を吐露。

さらに、竹内涼真演じる島谷純一郎との恋と別れ、父が見つかったにもかかわらず記憶喪失という物語が集中的に続いたことから、「感情の行き来がすごく複雑で、自分との戦いでもあったし、みね子も一歩大人に近づく大事なときだったので、集中力を切らさないようにしていました」と話した。

他にも会場では、みね子がヒデに告白され、「ありがとう。うれしい」と応えるシーンや、カメラ目線で「大好き」と呼びかけ、最後にはなぜか2人で踊りだすシーンまで上映。有村は「恥ずかしいから、ちょっと横に…」「これは(流さなくて)大丈夫です〜!」と抵抗を試みるも、会場からは大きな拍手が起こっていた。

これについて、有村は「台本に『ダンス』って書いてあったんで、やるしかないんです」と主張し、磯村は「放送で見た後の恥ずかしさ…」と赤面。泉澤は「これはキスシーンより恥ずかしい」とイジり、佐久間は「歴史に残る名シーンだったと思います」と絶賛していた。

こうして、1時間弱にわたって行われたイベントもフィナーレに。有村は「あーこれで最後になってしまうー!」と惜しみながら、「皆さんにこの作品が届くということを信じでずっと撮影してたので、このように迎えてくださって心から幸せに思います。『ひよっこ』という作品と谷田部みね子を演じることができて、すっごく幸せです」とあいさつ。最後に「えーどうしようー! (あいさつを)締めたら終わっちゃう!(笑)」と再び作品との別れを惜しみ、「皆さんの中にどうか『ひよっこ』という作品が生き続けていきますように! 本当にありがとうございました!」と感謝した。

イベント終了後、取材に応じた有村は、続編について、「今まで何気ない日常を描いていたからこそ、岡田さんのお力をお借りして、何とでもお話も続きが作れるんじゃないかなとすごく思います」と言い、「チャンスがあるなら」と意欲を示した。

関連記事(外部サイト)