佐久間由衣、女優の卵役は「もう一つの人生を歩んでるような不思議な感覚」

佐久間由衣、女優の卵役は「もう一つの人生を歩んでるような不思議な感覚」

画像提供:マイナビニュース

女優の佐久間由衣が30日、茨城・高萩市文化会館で行われた「『ひよっこ』ファン感謝祭」イベントに登場。今作の撮影を「もう一つの人生を歩んでいるような、不思議な感覚でした」と振り返った。

佐久間演じる助川時子は、ヒロイン・谷田部みね子(有村架純)の幼なじみで、女優を目指して茨城から上京してきたという役柄。それでも、「初め、実は時子は、女優になれるか分からないと聞いていたんです」と言い、「台本が上がってくるまで(夢がかなうか)分からないという状態が続いていたので、もう一つの人生を歩んでいるような不思議な感覚でした」と振り返った。

時には、「自分と重なる部分も多かったですし、時子の方が(女優として)先に行っちゃってるなって思う時もあったりしました」と話し、女優として活躍することが分かったのは「本当に、(撮影が)終わるちょっと前でした」という。

また、佐久間はお気に入りのシーンを聞かれると、自らの出演シーンではなく、後にみね子と交際するヒデ(磯村勇斗)が、みね子を食事に誘うシーンを挙げ、「リアルタイムで放送を見てたんですけど、恥ずかしくて正座してました」と告白。「2人のもどかしい感じとかが、見ていてすごくドキドキして、すごい大好きなシーンです!」と笑顔で話した。

関連記事(外部サイト)