松坂桃李『不能犯』予告編公開! 沢尻エリカ絶叫&間宮祥太朗の手錠姿も

松坂桃李『不能犯』予告編公開! 沢尻エリカ絶叫&間宮祥太朗の手錠姿も

画像提供:マイナビニュース

俳優の松坂桃李が主演する映画『不能犯』(2018年2月1日公開)の本ポスター、及び予告編が24日、公開された。

同作は、2013年から宮月新・神崎裕也による同名漫画を実写化。電話ボックスの書き置きを通じて殺人を請け負い、病死や事故死といった"不能犯”としてターゲットの命を奪う男・宇相吹正(うそぶきただし)の驚異的な手口と真の目的を描く。『貞子vs伽椰子』が話題になった白石晃士監督がメガホンをとる。

本ポスターは、松坂演じる宇相吹の視線が印象的な一枚に。沢尻エリカ演じる刑事の多田、新田真剣佑演じる多田の部下・百々瀬、間宮祥太朗演じる川端のカードが手に取られ、宇相吹の決め台詞「愚かだね、人間はーー」というコピーが乗せられている。

また、予告編では宇相吹によるものと思われる変死事件のおそろしい映像と、それを調べる凛々しい女刑事多田、そして初解禁となる百々瀬&川端が登場する。宇相吹の犯行に気づいた多田と百々瀬は、行動を食い止めるべく必死に追う。宇相吹と対峙する百々瀬や、手錠をかけられる川端の映像が続々とたたみかけられ、ラストには「ちくしょー!」と絶叫する多田の姿と、「愚かだね、人間は」と去っていく宇相吹の姿が。

予告編にも入っている主題歌は、男女2人組のロックユニット・GLIM SPAMKYの書き下ろし楽曲「愚か者たち」に決定した。監督とも何度も打ち合わせを重ねながら制作したという同曲に、GLIM SPAMKYは「常に自ら選んで生きているということ、もう一度その選択を考えてみてというメッセージで作りました」と明かした。

関連記事(外部サイト)