「2017年秋ドラマ」18作を視聴&ガチ採点! - 『先に生まれただけの僕』ほか4作、高評価の理由

「2017年秋ドラマ」18作を視聴&ガチ採点! - 『先に生まれただけの僕』ほか4作、高評価の理由

画像提供:マイナビニュース

18作品がそろった2017年の秋ドラマ。今回もドラマ解説者の木村隆志が、全作品の初回放送をウォッチ。俳優名や視聴率など「業界のしがらみを無視!」したガチンコでオススメ作品を探っていく。

別記事(秋ドラマの傾向を分析! オススメは『先に生まれただけの僕』『明日の約束』)において、秋ドラマの主な傾向を[1]民放各局のカラーが見事に分散 [2]社会の敵や問題と向き合うヒューマン作 [3]主演俳優の極端な高齢化 の3つと分析。おすすめドラマとして、『先に生まれただけの僕』(日本テレビ系 土曜22時)、『明日の約束』(フジテレビ系 火曜21時)、『ブラックリベンジ』(日本テレビ系 木曜23時59分)、『ユニバーサル広告社』(テレビ東京系 金曜20時)、『陸王』(TBS系 日曜21時)の5本を選んだ。

本記事では、それらを含む全作品のショートレビューと、目安の採点(3点満点)を挙げていく。

○『民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?〜』 月曜21時〜 フジテレビ系

出演者:篠原涼子、高橋一生、石田ゆり子ほか
寸評:政治を扱った意欲作だが、極端に正直で貧乏なヒロインのキャラ造形が、視聴者の感情移入を妨げている。終盤の演説が心に響かないのは、登場人物がカメラ目線で話すなどの軽い演出も影響しているだろう。助演にハマリ役が多いだけに主演をどう輝かせるのか、スタッフ次第。
採点:【脚本☆☆ 演出☆ キャスト☆☆ 期待度☆】

○『明日の約束』 火曜21時〜 フジテレビ系

出演者:井上真央、及川光博、仲間由紀恵ほか
寸評:学校と母子の問題をハードに描き、笑いはなし。今秋も、高視聴率狙いの方程式を無視して世界観や見応えを重視する関西テレビの矜持が見える。ミステリー要素も強く、抑えの効いたキャストの演技も好印象。井上vs仲間だけでなく、すべての俳優に見せ場がありそう。
採点:【脚本☆☆☆ 演出☆☆☆ キャスト☆☆☆ 期待度☆☆☆】

○『監獄のお姫さま』 火曜22時〜 TBS系

出演者:小泉今日子、満島ひかり、菅野美穂ほか
寸評:「クドカンワールド炸裂」と言いたいところだが、あまりに自由度が高すぎて視聴者が置きざりに。序盤は演技派女優たちが渋滞して、魅力を発揮しているとは言い難い。宮藤官九郎の脚本と金子文紀の演出でクスッとさせられるが、真に迫るシーンとの緩急がほしい。
採点:【脚本☆☆ 演出☆ キャスト☆☆ 期待度☆☆】

○『奥様は、取り扱い注意』 水曜22時〜 日本テレビ系

出演者:綾瀬はるか、広末涼子、西島秀俊ほか
寸評:“元工作員”というムチャな設定で、「何も考えずにアクションの爽快感と夫婦のラブラブを楽しむ」作品なのは明白。習い事で知り合った主婦の問題を解決という展開、広末、本田翼のキャスティングなどゆるさ満載で、週半ばにファンタジーで癒されたい人に打ってつけ。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆ キャスト☆☆ 期待度☆☆】

○『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』 木曜21時〜 テレビ朝日系

出演者:米倉涼子、岸部一徳、西田敏行ほか
寸評:「まだ第5弾だったのか」と思ったくらい、今さら語ることがないほどの“横綱感”で、視聴率も別次元。割り切った医療エンタメとしてのコンセプトに揺らぎは見られない。敵や病気のスケールダウンは、やや気になるが、それを含めて定型美を楽しめばいいだろう。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆ キャスト☆☆☆ 期待度☆☆】

○『刑事ゆがみ』 木曜22時〜 フジテレビ系

出演者:浅野忠信、神木隆之介、稲森いずみほか
寸評:見た誰もが感じるように、バディの魅力は近年トップクラス。『昼顔』『ガリレオ』を手がけた西谷弘監督らしいスタイリッシュな映像も、大人の魅力を放っている。ただ、60分1話完結の悲しさか、敏腕ハッカーに頼るなど、事件解決への展開がご都合主義なのは残念。
採点:【脚本☆ 演出☆☆☆ キャスト☆☆☆ 期待度☆☆】

○『ブラックリベンジ』 木曜23時59分〜 日本テレビ系

出演者:木村多江、佐藤二朗、鈴木砂羽ほか
寸評:単なる復讐劇と思いきや、ターゲットが週刊誌という時事性もあり、グイグイ引き込まれる。中吊りなどのデザイン、「星流砲」、縦長画面の動画スクープなど、露骨な『週刊文春』のモチーフも楽しい。木村の存在感に頼りすぎず、二転三転しそうなオリジナル脚本も魅力的。
採点:【脚本☆☆☆ 演出☆☆☆ キャスト☆☆ 期待度☆☆☆】

○『ユニバーサル広告社〜あなたの人生、売り込みます!〜』 金曜20時〜 テレビ東京系

出演者:沢村一樹、和久井映見、三宅裕司ほか
寸評:岡田惠和の脚本らしい地に足のついた物語。登場人物の一人一人に人生が宿り、商店街は懐かしくも美しい。終盤には、「主人公のスイッチが入って凄腕クリエイターになる」というエンタメ性もあり、安心して見ていられる。性善説をベースにした作品のトップクラス。
採点:【脚本☆☆☆ 演出☆☆ キャスト☆☆ 期待度☆☆☆】

○『コウノドリ』 金曜22時〜 TBS系

出演者:綾野剛、松岡茉優、吉田羊ほか
寸評:医療モノは内臓や脳のオペばかりだが、視聴者により身近なのは産科のはず。キレイごとではなく、シビアに描くスタンスは評価されて当然だろう。第2弾となって医師たちのキャラがより自然になり、複数の母子を違和感なく同時進行させるなど脚本が整理された。
採点:【脚本☆☆☆ 演出☆☆ キャスト☆☆ 期待度☆☆】

○『重要参考人探偵』 金曜23時15分〜 テレビ朝日系

出演者:玉森裕太、小山慶一郎、滝藤賢一、新木優子ほか
寸評:「俳優本人も役柄もタイプの異なる3人のイケメンを愛でる」ドラマ。日本テレビやテレビ東京の深夜帯で見られるタイプの作品だが、テレビ朝日の『金曜ナイトドラマ』にしては内容が軽かった。今後の焦点は「なぜか死体の第一発見者となってしまう」設定に、どんな理由があるのか。
採点:【脚本☆ 演出☆ キャスト☆ 期待度☆】

○『新宿セブン』 金曜24時12分〜 テレビ東京系

出演者:上田竜也、中村倫也、夏木マリほか
寸評:最初にして最大のポイントは、「上田が歌舞伎町の世界観にハマるか」。序盤では、やや凄みが足りないところも見られたが、徐々に役をつかみそうな感もある。鑑定や問題解決への筋書きに物足りなさを感じつつも、夏木、田中哲司、嶋田久作ら助演陣はさすがの存在感。
採点:【脚本☆ 演出☆☆ キャスト☆☆ 期待度☆】

○『アシガール』 土曜18時5分〜 NHK

出演者:黒島結菜、健太郎、松下優也ほか
寸評:よくあるタイムスリップ時代劇なのだが、黒島の屈託ないヒロイン像がそんな懸念を吹き飛ばしてくれる。「若君が現代にタイムスリップする」などの思い切った展開も、いい方向に働いている。恋あり、人間ドラマありの物語だけに、19〜20時台で若年層にも見てほしい。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆ キャスト☆☆☆ 期待度☆☆】

○『先に生まれただけの僕』 土曜22時〜 日本テレビ系

出演者:櫻井翔、蒼井優、多部未華子ほか
寸評:職業エンタメの名手・福田靖と、ドキュメント風の映像美が光る水田伸生の脚本・演出が、見事な化学反応。学校と民間企業、教師とサラリーマンの比較は面白く、予定調和で終わらない結末で飽きさせない。奨学金返還などの教育問題もアップデートするなど抜かりなし。
採点:【脚本☆☆☆ 演出☆☆☆ キャスト☆☆ 期待度☆☆☆】

○『オトナ高校』 土曜23時5分〜 テレビ朝日系

出演者:三浦春馬、黒木メイサ、高橋克実ほか
寸評:新設枠だけに思い切った作品で勝負。「童貞」「処女」「性体験」を真っ向から取り上げる姿勢は、過剰な自主規制が進む中、痛快さを感じさせる。ただ、ターゲットの若年層がそこにどれだけ興味があるのかは未知数。三浦の振り切った演技は「その先」がありそうで楽しみ。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆ キャスト☆☆ 期待度☆☆】

○『さくらの親子丼』 土曜23時40分〜 フジテレビ系

出演者:真矢ミキ、吉本実憂、塚田僚一ほか
寸評:東海テレビ制作ならでは。昼ドラ時代を思い出す直球の人情モノで、『明日の光をつかめ』などのファンはうれしいだろう。ポイントは、単純なハッピーエンドではなく、シビアな現実をどう描くのか。真矢の演技は押しが強いだけに、『北風と太陽』のムードにはなりにくい。
採点:【脚本☆☆ 演出☆ キャスト☆ 期待度☆】

○『フリンジマン〜愛人の作り方教えます〜』 土曜0時20分〜 テレビ東京系

出演者:板尾創路、大東駿介、淵上泰史ほか
寸評:「愛人作りのノウハウをレクチャーする」という切り口は、異色というより、むしろテレ東のど真ん中。板尾の怪しさはもちろんのこと、それ以上に大東、淵上、森田甘路の「愛人同盟」が笑わせてくれる。ただ、ノウハウとしての質と、テンポの遅さが気になってしまう。
採点:【脚本☆ 演出☆☆ キャスト☆☆☆ 期待度☆☆】

○『陸王』 日曜21時〜 TBS系

出演者:役所広司、山ア賢人、寺尾聰ほか
寸評:「展開や結末が予想できても感動してしまう」のは『日曜劇場』の王道。安易なシリーズに走らず、ジャンルを変えながら視聴者の期待感に応え続ける姿勢は素晴らしい。今作は「役所たち男性陣だけでなく、縫い子などの女性陣が活躍している」という点も進化を感じさせる。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆☆ キャスト☆☆☆ 期待度☆☆☆】

○『今からあなたを脅迫します』 日曜22時30分〜 日本テレビ系

出演者:ディーン・フジオカ、武井咲、鈴木伸之ほか
寸評:ダークヒーローものと思いきや、さにあらず。「脅迫屋」と名乗る割に正義感が強い、正統派のヒーローだった。ディーンは得意のツンデレキャラで持ち味を出しつつも、唐突なダジャレの連発で魅力半減。ヒロインや仲間との関係性も薄いだけに、依頼の内容が鍵を握る。
採点:【脚本☆ 演出☆ キャスト☆ 期待度☆】

■著者プロフィール
木村隆志
コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者、タレントインタビュアー。雑誌やウェブに月20〜25本のコラムを提供するほか、『新・週刊フジテレビ批評』『TBSレビュー』などの批評番組にも出演。取材歴2000人超のタレント専門インタビュアーでもある。1日のテレビ視聴は20時間(同時視聴含む)を超え、ドラマも毎クール全作品を視聴。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技
84』など。
(木村隆志)

関連記事(外部サイト)