ももクロメンバー、こぶ茶バンド"新規加入"で「ドリフ特別メドレー」披露

ももクロメンバー、こぶ茶バンド"新規加入"で「ドリフ特別メドレー」披露

画像提供:マイナビニュース

12日(19:00〜21:54)に放送されるフジテレビ系バラエティ特番『三宅裕司と春風亭昇太のサンキュー歌謡曲一座〜ナウなピースでこまっちゃうナ〜だめだこりゃ編〜』では、こぶ茶バンドに三宅裕司、春風亭昇太、ももいろクローバーZのメンバーが加わり、「ドリフ特別メドレー」が披露される。

「あの時代だからあの名曲が生まれた!」をコンセプトに、1960年代から70年代にかけてのヒットソングと時代を振り返るだけでなく、今だから明かされる芸能界の裏話なども飛び出す同番組。番組後半には、こぶ茶バンドが登場し、『ドリフの大爆笑』の多忙生活にはじまり、当時お笑いの頂点に君臨したコントの作成秘話や、名セリフ「だめだこりゃ」誕生の裏側を明かす。

そして、スタジオライブでは、ももいろクローバーZ(佐々木彩夏・玉井詩織・高城れに)と司会の三宅&昇太がこぶ茶バンドに"新規加入"。番組限定の「ドリフ特別メドレー」で、三宅と昇太のアドリブ歌唱がさく裂し、昇太が思わず「早く結婚しろよ、俺!」と自虐の相づちを交えたメロディーにスタジオゲストも踊り出す。

同番組では他にも、森昌子が、一緒に"花の中3トリオ"と呼ばれていた山口百恵の「イミテイション・ゴールド」をスタジオ初歌唱。歌手の三浦祐太朗が"母"であり、"アイドル"であった山口百恵への思いを語る。

(C)フジテレビ

関連記事(外部サイト)