東野幸治、上沼酷評のマヂラブの知名度上昇に「結果的には上出来」

東野幸治、上沼酷評のマヂラブの知名度上昇に「結果的には上出来」

画像提供:マイナビニュース

お笑いタレントの東野幸治と藤井隆が13日、東京・赤坂のTBSで行われたTBS系お笑い特番『朝まであらびき団SPあら1グランプリ2017』(12月29日23:50〜27:50)の収録後に囲み取材に応じ、『M-1グランプリ2017』で審査員の上沼恵美子に酷評されたお笑いコンビ・マヂカルラブリーについてコメントした。

あら削りな一芸を持ったパフォーマーを紹介する同番組。今回は、2018年にブレイクする芸人を発掘するべく、3年ぶりに「あら‐1グランプリ」を開催する。初代王者は、村上ショージを父にもつバターぬりえ、2代目王者は、"キング・オブ・あらびき"と称されたハリウッドザコシショウ。栄えある3代目王者に輝くのは誰なのか!?

この日は、予選を勝ち抜いたファイナリスト45組が出場。『キングオブコント2017』で優勝したかまいたち、準優勝のにゃんこスター、『M-1グランプリ2017』で優勝したとろサーモンという今年の賞レースで活躍したコンビや、友近、庄司智春、ハリウッドザコシショウらが競い合った。

そして、『M-1グランプリ2017』の決勝で審査員の上沼恵美子に酷評されたマヂカルラブリーも出場。東野は収録後に感想を聞かれ、「まったく上沼さんと同意見で、合わんね。合わんわー。何で出てるんのって思わず思っちゃいました。こっちも本気やでって」と上沼のコメントを真似してにやり。藤井は「あんなに笑ってたのに」とツッコみ、自身は「以前から笑っちゃう。歌ネタなので」とお気に入りのようだ。

東野はまた、「マヂカルラブリーっていう名前は、上沼さんのおかげで質問に出てくるくらいになったから、結果的には上出来。2018年は上沼さんの番組とかにゲスト出演してほしい。それで1年間頑張ってほしい」とエール。「仕事増えてるらしい。そういう意味でよかった」と話した。

関連記事(外部サイト)