内山理名のセクシードレス姿に「美しい」 国際映画祭デビューで絶賛の声

内山理名のセクシードレス姿に「美しい」国際映画祭デビューで現地マスコミが絶賛の声

記事まとめ

  • 女優の内山理名(36)がマカオで国際映画祭デビューを果たし、現地マスコミから絶賛の声
  • マカオ国際映画祭には、中国、香港、台湾、韓国などアジア全域から映画人が集結する
  • 胸元の大きく開いたロングドレスで登場した内山に「なんて美しい!」と声が上がった

内山理名のセクシードレス姿に「美しい」 国際映画祭デビューで絶賛の声

内山理名のセクシードレス姿に「美しい」 国際映画祭デビューで絶賛の声

画像提供:マイナビニュース

女優の内山理名(36)が14日(現地時間)、マカオ国際映画祭のレッドカーペットを歩いて国際映画祭デビューを果たし、現地マスコミから絶賛された。

内山理名

今年で2回目を迎えるマカオ国際映画祭。中国、香港、台湾、韓国、日本のみならず、インド、タイなど、アジア全域から映画人が集結する。胸元の大きく開いたロングドレスに身を包んだ内山は大人の色香をただよわせ、現地マスコミからは「なんて美しい!」「オーラがすごい!」など声が上がっていたという。

中国語のあいさつでもきれいな発音で会場を沸かせた内山。初の国際映画祭を終え、「大規模な映画祭の世界観が刺激になりました。いい刺激をたくさんいただけて、素晴らしい体験となりました」と興奮を伝え、「この高まっている気持ちを、次の仕事につなげ、近い将来に、自分の作品でまた国際映画祭に参加させていただきたいです。各国の映画関係者の方々にお会いできて、本当に光栄です。たくさんの国の監督、俳優、スタッフのみなさんといろいろなお話ができました」と語り、決意を新たにしていた。

内山は今年でデビュー20年目を迎え、約10年ぶりの連ドラ主演となるNHKドラマ10『マチ工場のオンナ』(毎週金曜22:00〜22:49/NHK総合・全国放送・全7回)が放送中。来年は主演映画『single mom 優しい家族。』の公開を控えている。

関連記事(外部サイト)