知英、難関の突破力とは? あの日流した涙の意味「3年が一気に蘇って」

知英、難関の突破力とは? あの日流した涙の意味「3年が一気に蘇って」

画像提供:マイナビニュース

●『オーファン・ブラック』1人7役起用の本音
『オーファン・ブラック 〜七つの遺伝子〜』(東海テレビ・フジテレビ系 毎週土曜23:40〜24:35・全8話)で初の連ドラ主演を務める女優・知英(23)。先月29日に都内で行われた制作発表会見では1人7役の不安と覚悟を語り、東海テレビの松本圭右プロデューサーは「こんなにも大変なのかという日々を過ごしている」と報告すると共に常に前向きな姿勢の知英に感謝した。この日、誕生日でもない彼女に用意されたサプライズケーキからはスタッフ愛を感じる一方、それだけ過酷な現場であることをうかがわせた。

女優の知英

振り返ると、知英の目の前には次々と壁が立ちはだかり、彼女はそれらを不屈の精神で乗り越えてきた。韓国ガールズグループ・KARAを経て、2014年から活動拠点を日本に移し、日本語での演技に果敢に挑戦。『民王』(15・テレビ朝日系)では元警察官僚で政治家の男と体が入れ替わるという難役も見事に演じてみせた。昨年6月にはミュージカル『スウィート・チャリティ』にも出演。初舞台にしての初主演は、相当なプレッシャーだったに違いない。

そして今年5月、初ソロツアーの最終公演で流した涙。ステージ上の知英は「いろんなことが込み上げて」と恥ずかしそうにしていたが、こうして軌跡を重ねるとその言葉の深みが増していく。果たして、あの涙にはどのような感情が表れていたのか。『オーファン・ブラック』の会見直後、1人7役で奮闘中の彼女と対面し、涙の真意を探った。
○背中を押したマネージャー「絶対にやったほうがいい」

――とても内容の濃い会見でしたね。サプライズケーキもありました。

本当にうれしかったです。何でこんなにみなさんが愛を……「愛されすぎて恐い」というのがよく分かります。どうやって返せばいいのかなと。

――どのような時にスタッフ愛を感じるんですか?

例えばカメラマンさんや監督。監督は「知英さん、何でもOK!」「お芝居優先だから、みんな! 知英さんのことはほっといて!」、カメラマンさんは「僕は知英さんのためならケガしてもいいので、思いっきりやってください」とか言ってくださるんです。そんなこと今まで言われたことなかったので、本当にみなさんに愛されてるんだなと思って。だから、がんばれます。

――そのお返しに困っていると(笑)。

そうです(笑)。がんばって良いお芝居をするしかないかなって思ってます。

――ドラマの出演が決まった時、「私でいいの?」と思ったそうですね。

マネージャーさんからは「これからのためには絶対にやったほうがいい」と言われて、それに対して私はもちろんOKだったんですよ。でも、本当に自分ができるのか不安ばかりで、原作ドラマを観ると主演の方のお芝居がすごく上手で、いろいろな役を演じ分けていて……。

英語、韓国語、日本語のほかに方言まである。どのくらい準備があるのかな……と思ったら、「来月インです」と聞いて、「えーっ!」って叫びたくなりました(笑)。

○一人になって気づいたこと

――2014年8月に活動拠点を日本に移して、当然言葉の壁もあったと思います。でも、その後も数々の壁を着実に乗り越えてこられた。以前、取材した際にも「難しいことを楽しむ」とおっしゃっていましたね。

今も同じ気持ちです。逆に難しいことがあったからこそ今の自分があるというのも、またさらに気づいたことで。難しいことがないと成長できないと思います。でも……今回は別物なんですよ(笑)。どうやったら乗り越えられるのか、毎日毎日考えています。

――根はポジティブな方ですか?

ポジティブに生きるしかないですね。この仕事はネガティブになると何もできないと思うので(笑)。でも、自分はどちらかというとポジティブな方。たぶん、一人になってからそうなったんだと思います。グループの時、自分が知らない間に周りの人たちがすべて解決してくれていたんです。その上で、私たちは今まで練習してきたことをステージでパフォーマンスする。それはもちろん大事なことなんですけど、それ以外の大事なことに気づいていなかったというか。周りのスタッフさんがどれだけ頑張ってくれているのかとか、自分がもっと責任持ってやらなきゃいけないとか、一人になって気づくことができました。だからこそ、難しいことがあるのは当たり前のこと。それを乗り越えてまた次に。一人になったからこそ気づいたことでした。

――大変なことがあっただけ、得るものがあったと。

はい。でも、今回は……プラスになるのか、マイナスになるのか。私次第だと思います。視聴者の方が観てくださってからじゃないと分からないです。

●KARAとソロの初心、流した涙

○日本活動3周年の思い

――どのくらいまで撮り終えたんですか?

2話が終わって、明日からまた撮影です!

――引き続きがんばってください! 今年9月で、日本活動3周年を迎えましたが、Twitterにはマネージャーさんのコメントがありましたね。「3年前の今日。知英は日本での活動をスタートしました。1人での再スタート。不安と戦いながらも笑顔で頑張ってくれました。ファンの皆さんが応援してくれるから頑張れると。どうぞ、これからも見守って下さい。いつもありがとうございます。」(9月6日マネージャーのツイートより)

ずっと走ってきた。そんな感じです。

いろんな仕事をやらせてもらいました。ミュージカルだったり、また歌手をやらせてもらったり。女優としてもいろいろな作品に出させてもらって。たくさんの出来事があったんですけど、すべてが自分にとってはすごく大変なことばかりでした。やっぱり言葉の壁は一番大きかったです。

「一生懸命がんばってる」「すごく大変」としか思っていなかったんですけど、この大変なことをがんばってきたからこそ、今回の作品に出会えたんじゃないかと思っていて。今まで大変なことを乗り越えて鍛えられていなかったら、今の作品はきっと耐えられなかったと思う。

例えばミュージカル。本番でNG出せないですし、セリフを覚えるテクニックとか、イントネーションを直すこととか大切なことばかりでした。苦労して涙を流してきたのは、あきらめたくなかったから。今がどれだけ大変でも、「今まで乗り越えてきたから」ってがんばれます。

それから、周りのみなさんが「日本語うまくなったね」「お芝居が上手になったね」「歌うまくなったね」みたいに、3年間の結果を今の自分に向けて伝えてくれる。これが、今はエネルギーになっています。

――知英さんは男女ともに熱烈なファンが多いですよね。今のお話を聞くとファンの方々が、なぜ熱心に応援するのか分かる気がします。

グループの頃から応援してくださっている方がたくさんいて、昔から"末っ子"(KARA時代の愛称)の知英の成長を見てくれているんだと思います。

○初ソロツアーファイナルを振り返って

――そうやって1つ1つ壁を乗り越えていく姿は、それぞれの現実と向き合っているみなさんの励みにもなっているんじゃないかと。今年は、ソロツアーもありましたね。ステージ上で涙を流しながら、「いろんなことが込み上げて」「みなさんの3年もそんなに簡単じゃなかったと思います」とおっしゃっていました。今振り返ると、どのような涙だったと思いますか。

ライブの時は……あの時も準備の時間があまりなかったんです(笑)。やっぱり追い詰められるとネガティブになっちゃうけど、最後は「やるしかない」「練習するしかない」。本番になるとやっぱり緊張もします。その日は親も観に来ていて、2階席には関係者の方々がたくさんいて。友だちも来てくれました。ファンもたくさんいたし、その日は気合いが入りすぎて、とにかく緊張していました。「大切な時間」を歌って、歌詞が今現在の自分に起こっていることだったからそこで詰まってしまって。「がんばっている自分」を感じつつ、この人たちがいるから、この人たちのためにもやってるんだなって。大変なことがあっても、苦しいことがあっても、こうして観ていてくれる人たちがいる。すごく感動しました。

――これまでそういう涙は?

もちろんお客さんが来てくれてありがたい気持ちもありましたし、それはグループの時も同じ。KARAってよく泣くんですよ(笑)。KARAの時も東京ドームですごく泣いた。それは正直な気持ちで、来てくれたみんながペンライトを振ってくれて、それをステージから見ると、本当に美しいビューなんです。

あのソロツアーは「感謝の気持ち」の涙だったんですけど、「がんばっている自分を慰める」気持ちも。そして、それまでの3年が一気に蘇ってきて出てきた涙でもありました。

――以前お会いした時に大切にしている言葉は「山あり谷あり」と「初心忘れるべからず」と教えてくださいました。「山あり谷あり」は今たくさん話してくださいましたが、知英さんにとっての「初心」とは?

KARAの時と、一人になってからの時と初心はそれぞれあります。私の「初心忘れるべからず」は「1から始める」。KARAの時と一人になってからの気持ちは違いますけど、自分の中では「きれいな気持ち」。みなさんを大切にしてがんばれば、また応援してくれる。そうやって1つのお仕事が終わるたびに1つずつリセットして。それを自分の中では「初心忘れるべからず」と決めてがんばっています。

■プロフィール知英(ジヨン)1994年1月18日生まれ。韓国出身。O型。韓国のガールズグループ・KARAを2014年4月に脱退し、同年8月からは活動拠点を日本へ。これまでの出演ドラマは、『地獄先生ぬ〜べ〜』(14・日本テレビ系)、『ヒガンバナ〜女たちの犯罪ファイル〜』(14・日本テレビ系)、『民王』(15・テレビ朝日系)、映画は『暗殺教室』(15)、『全員、片想い』(16)に出演。劇場アニメ『名探偵コナン 業火の向日葵』(15)、『DCスーパーヒーローズvs鷹の爪団』(17)では声優を務めた。2016年3月からはJY名義でソロ歌手としても活動。2018年には、長編映画初主演作となる『レオン』が公開される。
(水崎泰臣)

関連記事(外部サイト)