TBS吉田明世アナ、椅子に座ってサンジャポ出演「もう倒れない」

TBS吉田明世アナが『サンデー・ジャポン』にマタニティチェアに座って生出演し恐縮

記事まとめ

  • 第1子妊娠を発表したTBSの吉田明世アナが『サンデー・ジャポン』に生出演した
  • マタニティチェアに座って進行を務め「こんな立派な椅子を用意していただいて」と恐縮
  • テリー伊藤から「今日あたりしでかしてほしい」と期待され、「もう倒れない」と笑った

TBS吉田明世アナ、椅子に座ってサンジャポ出演「もう倒れない」

TBS吉田明世アナ、椅子に座ってサンジャポ出演「もう倒れない」

画像提供:マイナビニュース

第1子妊娠を発表したTBSの吉田明世アナウンサーが17日、同局系情報番組『サンデー・ジャポン』(毎週日曜10:00〜11:22)に生出演。この日は、マタニティチェアに座って進行を務めた。

吉田明世アナ

吉田アナは、3日の放送で体調不良で途中退席し、同日妊娠を発表。10日の放送はスタジオは欠席し、自宅からの生中継で出演した。終盤には、年内で番組を卒業することも発表された。

この日は、ピンクの椅子に座って出演。冒頭で爆笑問題の太田光が「今日は吉田さんが大事をとって、スケベ椅子に座ってます」とふざけ、田中裕二が「マタニティチェア」と修正。太田が「いつ倒れてもいいように」と言うと、田中が「いやいや、もうだいぶ体調はいいそうなんですけど、何かあったらということで」と再び修正した。

そして、吉田アナが「お騒がせしました。あと2回なんですけど、よろしくお願いします」と立ち上がると、太田は「立たない、立たない」と大げさに反応し、田中が「過敏になりすぎ」とツッコミ。吉田アナは「こんな立派な椅子を用意していただいて」と恐縮し、テリー伊藤から「また今日あたりしでかしてほしい」と期待されると、「もう倒れないので」と笑った。

関連記事(外部サイト)