指原莉乃、セクシーなガーター衣装で誘惑! "大人のHKT48"魅せる

指原莉乃、セクシーなガーター衣装で誘惑! "大人のHKT48"魅せる

画像提供:マイナビニュース

アイドルグループ・HKT48のひまわり組による「誘惑のガーター」公演が17日、初日を迎え、指原莉乃らがセクシーなパフォーマンスを披露した。

「誘惑のガーター」公演は、SDN48が2009年8月〜2012年3月まで東京・AKB48劇場で行っていたオリジナル公演。SDN48以外のグループが本公演を行うのは初となり、およそ5年9カ月ぶりの復活となる。HKT48による「誘惑のガーター」は、18歳以上のメンバーから毎公演16人でメンバーを構成する。

開演前、影アナを担当した指原が「今日は私たちと一緒に盛り上がっていきましょう!」と会場を盛り上げ、1曲目「Saturday night party」からスタート。背中が大きく開いた衣装を身にまとった神志那結衣、駒田京伽、指原莉乃、松岡菜摘、宮脇咲良の5人がステージに登場すると大きな歓声が上がり、続く「Never!」、「Black boy」で続々とメンバーが登場し、中央に設置されたサブステージや花道など、客席近くで魅せるパフォーマンスを展開した。

冒頭のMCでは、指原は「世間では政治家転身とか言われてるんですけど、そんなことなく今日も楽しくアイドルやらせてもらってます!」と笑わせ、松岡は「HKT48のお披露目のときは13.8歳で今日の平均年齢は20歳。だいぶ年齢も上がって衣装もすごくセクシーになってます!」と大人な衣装をアピール。宮脇は「この公演は結構攻めた歌詞が多いので皆さん戸惑うところもあるとは思いますが、セクシーに頑張りたいと思います!」とあいさつした。

MC明けのユニット曲では、さらにセクシーなステージ展開へ。公演タイトルでもある「誘惑のガーター」は指原、植木南央、村重杏奈という組み合わせで披露。太ももに着けていたガーターベルトを客席に投げるセクシーな演出も。続く「I‘m sure.」でも松岡と宮脇の2人が床に重なる振り付けもあり、いつもと違う大人な一面を見せた。

指原は、「誘惑のガーター」で共演した植木と村重について「(セクシーな楽曲でも)ファンの方が一番安心するメンバー」とコメント。植木は「飛ばしたガーターが床に落ちて(観客が)しぶしぶ拾ってくださった」と振り返り、大きな笑いが起こった。

(C)AKS

関連記事(外部サイト)