『明日の約束』遠藤健慎・金子大地・渡邉剣・堀家一希ら若手俳優が撮了

『明日の約束』遠藤健慎・金子大地・渡邉剣・堀家一希ら若手俳優が撮了

画像提供:マイナビニュース

女優の井上真央が主演するカンテレ・フジテレビ系ドラマ『明日の約束』(19日21:00〜最終回)に出演していた若手俳優たちが、続々とクランクアップを迎えた。

井上演じるスクールカウンセラーが、生徒の自殺の謎を追う同作では、その衝撃の出来事をきっかけに、クラスメイトをはじめとした生徒の間にもさまざまなトラブルが発生。それぞれが悩み、向き合うという繊細な表現が求められる難しい役柄を、番組プロデューサーが「とにかく役柄に合う方にお願いした」という若手俳優たちが演じた。

母親からの過干渉・束縛に悩んで自殺した吉岡圭吾を演じたのは、番組Pが「ナチュラルだった」と印象を持った遠藤健慎。ストーリー上は第1話で死亡したが、その後も回想シーンで登場し、「繊細な心理描写が求められる役を経験し、自分自身、芝居において細かい違いを認識できるようになりました」と成長を実感したいう。井上には「シンシン」というあだ名を付けられたそうだ。

その圭吾へのいじめや暴力を疑われたバスケ部のキャプテン・長谷部翔大を演じたのは、番組Pが「目力の強さに圧倒された」という金子大地。「素敵なキャストの皆さん、スタッフの皆さんとご一緒して感じたことを忘れません。必ず成長した姿を見せられるように、ひとつひとつ頑張っていこうと思います」と抱負を語った。

圭吾と親友だったが距離を置くことになり、自殺に追い込んでしまったのではないかと苦悩する沢井勝を演じたのは、番組Pが「"ハマる"と直感」したという渡邉剣。「最初は緊張していたのですが、井上さん、及川(光博)さんをはじめとしたキャストの皆さんや、スタッフの方々がうまく抜き所を作ってくださり、リラックスして芝居をすることができました」と感謝し、「今後、僕も太陽のように温かい存在になれるよう頑張っていきます!」と誓った。

そして、圭吾を孤立させるきっかけを作った渡辺純也を演じたのは、番組Pが「とにかく危うさゼロの真面目青年」と評価する堀家一希。「初めての連ドラ出演で、役が持っている思想や姿勢や性格など、細かい設定をずっと覚えて維持しておくのがこんなに難しいことなんだと知りました」と振り返り、今後は「西田敏行さんのような、土臭さ、泥臭さのようなものを感じられる役者になりたいです」と目標を語った。

関連記事(外部サイト)