トレエン斎藤、田中圭との副音声は「たかしより100倍やりやすい」

トレエン斎藤、田中圭との副音声は「たかしより100倍やりやすい」

画像提供:マイナビニュース

俳優の田中圭とお笑いコンビ・トレンディエンジェルの斎藤司が、きょう18日に放送されるフジテレビ系月9ドラマ『民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?〜』(毎週月曜21:00〜)の第9話で、副音声に登場する。

主演の篠原涼子演じる平凡な主婦・佐藤智子が政治の世界に飛び込み、世にはびこる社会問題と腐った政治をぶった斬っていく同ドラマ。新人議員・園田龍太郎役で出演している斎藤は、第4話で担当してから、7・8・9話と3話連続で副音声に登場することになる。

一方、副音声初体験の田中は「めっちゃ楽しかったです。副音声のお話をいただいて、『副音声?』って正直思いました。斎藤さんが何回かやっていたのは知っていたんですけど、何を話せばいいんだろうって」というが、「斎藤さんがいるから大丈夫っていう甘い考えで臨んだのですが、それにしても楽しかったです。こんなにまでドラマと関係ないことを話すんだ!?っていう」と、脱線トークを満喫したようだ。

前回は、相方・たかしと担当した斎藤だが、「圭くんのほうが100倍やりやすかったです、これリアル」と太鼓判。田中は「それはよかったです(笑)」と応え、「今度何かしましょうよ」と斎藤を誘っていた。

(C)フジテレビ

関連記事(外部サイト)