高橋克典の肉体美に三浦理恵子うっとり「ごちそうさまでした」

高橋克典の肉体美に三浦理恵子うっとり「ごちそうさまでした」

画像提供:マイナビニュース

俳優の高橋克典が18日、都内で行われたインターネットテレビ局・AbemaTVのドラマ『特命係長 只野仁 AbemaTVオリジナル2』(12月30日から5夜連続配信、23:15〜)の完成発表会に、櫻井淳子、永井大、田山涼成、西丸優子、伊東紗冶子、三浦理恵子、梅宮辰夫と共に出席した。

 、

同ドラマは、昼間は大手広告代理店のうだつの上がらないサラリーマン・只野仁(高橋)が、夜になると会長直属の"特命係長"となり、社内外のトラブルを解決するスーパーサラリーマンとして大活躍する姿を描くもの。2003〜2012年にテレビ朝日系列で放送され、今年1月にAbemaTVで新シリーズが配信されたが、このたび再復活する。

高橋は、この最新作について「6作目になりますが、安定のおもしろさ。なんだかわからないんですけどおもしろい。みんなも相変わらずの芝居をしている」と説明。また、「なんとも言えない安心感がある。お茶の間で子供の頃に時代劇の再放送がかかっていたのを思い出します」と加え、「安定感と安心感がいまだにすたることなくある」と魅力を伝えた。

今回も鍛え抜かれた肉体美を披露する高橋。「いつも通りキックボクシングとジムワークと、あとヨガもやりました」と明かし、高橋とのベッドシーンも定番となっている三浦恵理子が「変わらず引き締まったきれいな体をされています。お楽しみください。私すごい近場で見させていただいて」と絶賛すると、高橋は「15年肌を合わせてきてね」とにやり。そして、三浦が「ごちそうさまでございます」と続けると、高橋は「恐縮です」と照れ、2人のやりとりに会場から笑いが起こった。

発表会では、高橋が"大人な色気漂う只野サンタ"に扮して登場し、共演者一人ひとりにクリスマスプレゼントを手渡し。12月15日に53歳の誕生日を迎えた高橋へのバースデーサプライズも行われ、巨大なバースデーケーキに高橋は「ありがとうございます」と喜んでいた。

関連記事(外部サイト)