千鳥、スマスマ枠で育三郎&高見とMC「キャスティングのクセが!」

千鳥、スマスマ枠で育三郎&高見とMC「キャスティングのクセが!」

画像提供:マイナビニュース

お笑いコンビの千鳥、俳優の山崎育三郎、フリーアナウンサーの高見侑里が、カンテレ・フジテレビ系で来年1月15日にスタートする新バラエティ番組『世界の村のどエライさん』(毎週月曜22:00〜 ※初回22:15〜)でMCを務めることが19日、明らかになった。山崎と高見は、バラエティ初MCとなる。

この番組は、象と暮らす村人の命綱である象の獣医、樹の上で暮らす村で樹に登って家を作る大工など、世界の過酷な環境で幸せを守るために頑張っている人々(="どエライさん")を探していくバラエティ。

かつて『SMAP×SMAP』が放送されていた時間ということで、千鳥のノブは「歴史のある枠ですし、注目されている枠ですから最初はびっくりしましたね」、大悟は「びっくりしましたけどうれしかったです。あと今まではこらえてた部分があって、テレビに出演してて泣いたことがないんです。もしかしたら涙が出てしまうかもうしれません」と心境を語る。

また、MC4人の起用について、ノブは「キャスティングの"クセ"がすごい!」と感想。大悟が「まずは、山崎さんと呼ぼうか、育三郎さんと呼ぼうか…」と悩んでいると、ノブは「冷静に考えたら、育三郎って下の名前のクセがすごいですね」と発見していた。

一方の山崎は「母が岡山県出身なので(同県出身の千鳥の)お2人には親近感がわいてきます」といい、「そして早く千鳥さんにツッコまれたい! 新しい育三郎を引き出してほしいです!」と懇願。

高見は「『どエライさん』を見たら、きっと千鳥さんの『クセがすごい!』をたくさん聞けるのではないか、そして爽やかな山崎さんがどんなMCをされるのかを間近で拝見できるのが楽しみです!」と期待を語った。

カンテレの東野和全プロデューサーは「今やテレビで見ない日はないくらい人気の千鳥の2人が、山崎さんの新たな魅力や"クセ"を必ず引き出してくれると信じています!」とコメント。山崎について「大物司会者さんとの軽妙なやり取りや、時に"ムチャぶり"をうまくかわされる姿を見て、『絶対にバラエティに向いてる!』と直感的に思いました」と起用理由を話している。

関連記事(外部サイト)