乃木坂46松村沙友理がキュートなパンダに! 謎の"パンダ語"も披露

乃木坂46松村沙友理がキュートなパンダに! 謎の"パンダ語"も披露

画像提供:マイナビニュース

アイドルグループ・乃木坂46の松村沙友理が、12月21日に発売される女性ファッション誌『CanCam』2月号の表紙で、パンダの着ぐるみ姿を披露する。

松村沙友理が『CanCam』2月号の表紙でパンダの着ぐるみ姿を披露

初の『CanCam』単独初表紙に、松村は「『お待たせしました、表紙をお願いします!』と言われたとき、心の中では『私でいいんですか?』と思ったけど、編集部の方にとても期待していただいたので、頑張ろう!と決意して、食事や運動もしっかり気を付けて当日に臨みました」とコメント。

また、「初表紙はまさかのパンダの着ぐるみで、なかなかない雰囲気。実はパンダの着ぐるみを着るって撮影当日に知ったんですが(笑)、難しく考えることなく、リラックスして撮影できたかなと思います」と撮影を振り返り、「ファッション誌ではあまり見かけなくて斬新なので、いろんな人の目に留めてもらえたら嬉しいです。私自身変わったことが好きだから、初表紙のタイミングでこれができてよかったです!」と喜びを語った。

同誌の公式ツイッターでは16日、松村が雑誌を手に「パンパンパン…」と"パンダ語"でPRする動画を公開。「表紙は私、松村沙友理 なんと、パンダになっちゃいました!」などと"字幕"が付いている。

関連記事(外部サイト)