稲垣吾郎、お宅訪問を自ら提案「キャラにないことを頑張りたい」

稲垣吾郎、お宅訪問を自ら提案「キャラにないことを頑張りたい」

画像提供:マイナビニュース

元SMAPの稲垣吾郎が、最先端収納サービス「サマリーポケット」の魅力を伝える“くらしスッキリおサめ隊 隊長”に就任することが決定し19日、都内で行われた就任発表会に出席。「キャラにないことを頑張りたい」と新しい挑戦に意欲を示した。

稲垣吾郎

サマリーポケットは、PC・スマホで簡単にモノの取り出し、預け入れが操作できる手軽な収納サービス。稲垣は、サマリーポケットの“くらしスッキリおサめ隊 隊長”として、テレビCMなどで同サービスの魅力を発信していく。

稲垣は「気分も新たにスッキリさせて生活したいと思っていた。いいタイミングで声をかけていただいてうれしい」と"隊長"就任に喜び。サマリーの山本憲資社長から"隊長タスキ"をかけられると「隊長の名に恥じないように頑張りたい」と意気込んだ。

そして、「今思いついたんですが、一般の方の家や芸能人のお宅に訪問して片づけるというのはどうですか?」と提案し、「お宅訪問。キャラにないことを頑張ってやっていきたい。まさに"新しい地図"です!」と、草なぎ剛と香取慎吾との共同サイト「新しい地図」の名前を用いて宣言。山本社長も「そのままCMにしてもいいかもしれない。すぐに検討させていただきます」と前向きだった。

発表会では、稲垣の自宅を再現した部屋で、稲垣が片づけに挑戦する様子を映した「くらしスッキリ初体験ムービー」をお披露目。映像内で「ごちゃついていることが多かったので心機一転スッキリしたいですね」と発言した稲垣は、「すごい便利なシステムだと思うので、プライベートでも使わせていただきたい」「すっきりさせて空間に余裕ができると、心にも余裕ができ、精神的にもいいんじゃないかなと思います」と晴れやかな表情で語った。

関連記事(外部サイト)