長濱ねる、初写真集で水着姿「恥ずかしかったけど緊張せずに撮れました」

アイドルグループ・欅坂46の長濱ねるが19日、東京・新宿の福家書店新宿サブナード店で写真集『ここから』(発売中 1,994円税込み 講談社刊)の発売記念イベントを行った。

写真集『ここから』の発売記念イベントを行った長濱ねる

同写真集は、アイドルグループ・欅坂46の主要メンバーとして人気を博している長濱ねるの記念すべき1st写真集。"青春"をテーマに、今年7月に長濱の故郷でもある長崎・五島列島を中心にロケが行われ、初めての水着姿を披露するなど、意欲に充ちた一冊となっている。

3歳から7歳まで住んでいたというロケ地の五島列島について「自分が育った場所で撮りたかったので、撮影場所は五島列島にしてもらいました。元々写真を撮られる時は構えちゃう部分があり、リラックスして撮っていただきたいと思いがあったので、心が解放的になれる五島列島にしていただきました」と説明し、撮影中には"五島列島の母"と呼んでいる恩人と抱きつていた写真も収録されており、「たまたまお会いできました。抱きしめてもらってすごく印象深く、奇跡だと思いました」と満足げ。貴重な水着姿の写真は「すごく恥ずかしかったんですけど、小学生の遠足の時に行った馴染みの場所だったので、ちょっとは緊張せずに撮れました」と振り返り、「写真がすごく綺麗なので、多くの方に届いたらと思います」とアピールした。

昨今は"坂シリーズ"の写真集が好セールスを記録中。長濱の写真集も年間売上で歴代1位を記録した白石麻衣の『パスポート』に近づけるか注目が集まるが、「背中を追いかけて頑張っていきたいと思います」と謙そん。また、12月ということで今年1年を振り返り、「初めての経験をたくさんさせてもらって、自分としては楽しい1年でした」。来る2018年の抱負として「来年はグループとして3年目の年。今年以上にもっともっと頑張って充実する1年にしたいと思います。一つ一つずつ積み重ねていって大きなところでもやれたらないいですね」と意欲を見せていた。

関連記事(外部サイト)