松下奈緒&古田新太コンビが復活! ドラマ『闇の伴走者』続編が放送

松下奈緒&古田新太コンビが復活! ドラマ『闇の伴走者』続編が放送

画像提供:マイナビニュース

WOWOWでは、松下奈緒&古田新太のW主演で2015年に放送された連続ドラマ『闇の伴走者』の続編『闇の伴走者〜編集長の条件』を2018年3月31日からスタートする。

今回のストーリーは、中堅出版社の漫画雑誌の編集長が就任直後にビルの屋上から転落死したことを巡り、出版関係専門の調査員・水野優希(松下奈緒)と、偶然その後釜として編集長になったフリー漫画編集者・醍醐真司(古田新太)が死の真相に迫る、というもの。調査を始めた2人は、やがて戦後最大の怪事件とされる「下山事件」にたどり着く。

優希役の松下は「率直にパート2が叶ってうれしいです。パート1の時もそうでしたが、本当に脚本がまた面白く、漫画という切り口から事件が始まっていくストーリーに今回のパート2も楽しみでなりません」とコメント。古田との共演については「また古田さんとご一緒させていただけてとても嬉しいです。噛み合ってるのか噛み合っていないのかわからない、そんな2人が繰り広げる事件解決への道のりを古田さんと一緒に頑張っていきたいと思います。再結成できて本当にうれしいです」と喜んでいる様子だ。

醍醐役の古田は「あぁ、またあの長いウンチクを述べなきゃいけないのか……」と嘆きつつ、松下との共演について「そりゃ楽しいに決まってますよ。長い説明さえなければ」とコメント。そして「今回も面白かった。(脚本を)読み終わってすぐに『こいつは困った』と思いました。作品が面白く無くなってたら完全においらたちのせいになると。また楽しいミステリーになると思います。前回くらいのクオリティを保とうと思います。お楽しみに」と、ドラマへの意気込みを語った。

また、劇中に登場する漫画は森秀樹(『腕〜駿河城御前試合〜 』『墨攻』 ほか)、田中圭一(『うつヌケ〜うつトンネルを抜けた人たち』『神罰』ほか)、土山しげる(『食キング』『喰いしん坊!』ほか)、そして平松伸二(『ドーベルマン刑事』『ブラック・エンジェル』ほか)が担当。超一流の漫画家が描く本作オリジナル漫画にも注目だ。原作は長崎尚志、監督は映画『ソラニン』『先生!、、、好きになってもいいですか?』『坂道のアポロン』などの三木孝浩。

連続ドラマ『闇の伴走者〜編集長の条件』は、2018年3月31日(土曜 22:00〜)WOWOWプライムにてスタート。全5話(第1話無料放送)。

関連記事(外部サイト)