たけし、亡き母の手術を後悔した過去「火葬場で崩れ落ちちゃった」

たけし、亡き母の手術を後悔した過去「火葬場で崩れ落ちちゃった」

画像提供:マイナビニュース

タレントのビートたけしが、テレビ朝日系バラエティ番組『ビートたけしのTVタックル たけし&爆笑問題がメッタ斬り!2017をザワつかせた人々!』(24日18:00〜21:00)で、亡き母・さきさんが亡くなった当時の思いを告白する。

2017年「日本をザワつかせた人々」をテーマに、たけし、爆笑問題らがゲストと好き勝手なことをしゃべって1年を締めくくる恒例の『TVタックル』年末スペシャル。この中で、脚本家の橋田壽賀子氏がスタジオに登場し、92歳の今、安楽死を望むことについて、理由を語る。

橋田氏は「さすがに身体の衰えを感じるようになってこの先が不安。仕事もしたいと思わないし、友人もいないので安楽死を希望しているんです。私の死はマスコミにも言わない、偲ぶ会などもやってほしくない。ひっそりと死にたい」と主張。

これを聞いたたけしは「俺も85歳を過ぎたら生死を自分で決めたいと言っているんだけど、身体が元気で脳が正常に機能していないと生かされちゃうからなぁ」と言いながら、「自分が安楽死したいと思うのはなんとも思わないけど、親・兄弟や知り合いに言われると、『ちょっと待って』と言いたくなっちゃうんだよなぁ」と複雑な思いを吐露する。

そこから、話題は最愛の母・さきさんが亡くなった当時の思いに。たけしは「母親が骨粗鬆症だったから、医師から骨にスチールを入れるかどうかって聞かれたんだよ。そうすれば歩けるようになるかもしれないからって。でも、入れると痛くなるのは分かっていたから迷っていたんだけど、本人が歩きたいって言うから手術してもらったんだ」と経緯を説明。

しかし、「そうしたら案の定『痛い、痛い』って。それで歩くこともできなくってさ。その時は「俺はなんてことをしたんだろう」って苦しかったね。で、その後、母親は亡くなるんだけど、火葬場で骨を拾うときにスチールが出てきてさ、それを見てもう崩れ落ちちゃったよ」と語る。

たけしは、自身の小説『アナログ』にも、主人公の母親が骨粗鬆症を患い、足にスチールを入れる手術を医師から打診されるというシーンを描いているが、それは実体験をもとにした一節だったのだ。

しかし、最後はあくまでも安楽死を望むという橋田氏に、たけしは「私を養子にしなさい。財産は引き受けますから」と提案。爆笑問題の2人も爆笑し、『タックル』らしい展開でスタジオを盛り上げる。

番組では他にも、2017年をザワつかせた、ゲス不倫や2世薬物汚染、勝手に流行語大賞など、たけしと爆笑問題が3時間にわたって1年を振り返っていく。

関連記事(外部サイト)