ミスチル、深田恭子主演ドラマ主題歌を書き下ろし - 初回で公開

ミスチル、深田恭子主演ドラマ主題歌を書き下ろし - 初回で公開

画像提供:マイナビニュース

ロックバンドのMr.Childrenが、フジテレビ系ドラマ『隣の家族は青く見える』(来年1月18日スタート、毎週木曜22:00〜)の主題歌を書き下ろすことが決定した。初回放送で初公開される。

『隣の家族は青く見える』主演の深田恭子=フジテレビ提供

主題歌のタイトルは「here comes my love」。迷いを抱えながらも希望に向かっていくその背中を押してくれるような力強いバンドサウンドとなっており、深田恭子と松山ケンイチが演じる主人公夫婦をはじめ、ドラマの舞台となる「コーポラティブハウス」に住むカップルたちが、自分たちなりの家族のカタチを探して立ち向かっていく今作にマッチした楽曲だ。

Mr.Childrenの桜井和寿は「この物語の登場人物たちの、また、その物語に自分を重ね共感するであろう皆さんの背中を押すことができるように、この曲に心を込めて制作しました」とコメント。

深田は「人生という壮大な海の中で、愛する人のもとへ導いてくれるような、道筋を照らしてくれるような、希望と愛を感じました。この楽曲がつないでくれた愛の中で精いっぱい泳ぎたいと思います」と気を引き締めた。

フジテレビの中野利幸プロデューサーは「企画からインスパイアされた楽曲と歌詞に、僕たちもインスパイアされながらドラマを作り上げて行きたいと思います。このドラマとの化学反応が起こると信じています」と期待を語っている。

関連記事(外部サイト)