知念侑李、先輩・東山紀之&松岡昌宏との共演は「修業」

知念侑李、先輩・東山紀之&松岡昌宏との共演は「修業」

画像提供:マイナビニュース

アイドルグループ・Hey! Say! JUMPの知念侑李が21日、東京・EXシアター六本木で行われたABC・テレビ朝日系スペシャルドラマ『必殺仕事人』(来年1月7日21:00〜)のプレミア試写会に登場。ジャニーズ事務所の先輩である東山紀之、TOKIOの松岡昌宏と共演する心境を"修業"と表現した。

東山主演の同シリーズとして10周年を迎える今作。知念がリュウ役として同シリーズに出演するのは4年目だが、「4年たっても"経師屋"とか"瓦屋"みたいな定職が僕にはなく、基本的にフリーターでやってきたんですけど、今回ついに記憶すらもなくしてしまいまして、本当に何もないリュウをやりました」と、自虐的に役回りを紹介した。

また、最初に撮影に参加した当時を思い出し、「『必殺』チームの皆さんが受け入れてくれるのか、東山さんと松岡君とうまくやっていけるのかという不安はあったんですけど、すごく温かくて、一員になれて良かったです」と、すっかり慣れた様子。1年に1回の同シリーズの撮影は「メンバー、グループから離れて、"修業"だなという思いで頑張ってました」と本音を漏らした。

これに対し、東山は「修業、大変でしたね」とねぎらったが、松岡は「結構入ってきた時から、腹すわってましたけどね。みんなにかわいがられるんですよ。スタッフのマスコットですから。お菓子をいっぱいもらって、1回食い過ぎて太ったもんな?」と、現場での人気ぶりを報告した。

そんな知念は、来年の抱負を聞かれると、漢字1文字で「伸」と回答。東山から「背を?」とイジられ、「背はもう伸びないです。今さら夢見てもしょうがないので」とツッコミながら、「今年は映画で単独初主演だったり、世界体操のプレゼンターだったり、新たなものに挑戦させていただいたので、これを来年から少しずつ伸ばしていけたら」と理由を語った。

最後に、フォトセッションのために出演者たちは一旦降壇したが、東山は知念に「そこで残ってしゃべってていいよ」と指令。知念は「やっぱり修業ですね」と苦笑いしながら、観客から「緊張しない秘けつ」を質問されると、「人前に緊張しますけど、踊ってる時はなぜか緊張しないんです」と答えた。すると、それを聞いた東山は「じゃあ今踊ればいいんじゃない?」とムチャぶりし、知念は音楽もない中でダンスを披露し、観客をわかせていた。

関連記事(外部サイト)