手ブレ補正付きで今熱い"防振双眼鏡"、キヤノンが自信を持つ新製品のポイントは?

手ブレ補正付きで今熱い"防振双眼鏡"、キヤノンが自信を持つ新製品のポイントは?

画像提供:マイナビニュース

●ワンプッシュ式と、パワードIS
現在、熱い注目を受けている、手ブレ補正付きの「防振双眼鏡」。ライブや観劇などで使用する人たちが、よりコンテンツを楽しむために買い求めている。中でも人気を誇っていたキヤノンの防振双眼鏡に、新製品「10×32 IS」「12×32 IS」「14×32 IS」が出るということで、大きな話題を呼んだ。

今回はキヤノンICB光学事業部 商品企画担当の家塚さんと、島田さんに、新製品のポイントを伺っていく。

○ワンプッシュ式を採用

――今回はどういった経緯で開発が進んだのですか?

島田:防振双眼鏡は比較的手頃な価格帯のものと高価格帯の間に隔たりがありましたので、その中間にくるバランスの取れた製品を、と開発を進めました。

光学的な見えは重視しつつ、手振れ補正の強みはさらに活かした製品開発をしたいというところで、今回新しく出したものは1回押せば防振機能がそのまま5分間効き続けるワンプッシュ式。さらにパワードISという機能をつけています。

パワードISは、弊社のビデオカメラやコンパクトデジカメにも入っている機能です。見る対象が一点にとどまって動かない場合にしっかりと手ブレが止まるモードです。相手が動く場合には、従来の手ブレ補正の方がよく、今回の新製品では、手ブレ補正の利かせ方がボタンで選べるようになっています。

――今までの、ボタンを押している間のみ防振機能が働くという仕様は、バードウォッチングを想定されていたんですか?

家塚:そうですね。それほど長い間同じ鳥や動物を見ていることはないでしょうし、「押している間だけ手ブレ補正」の方が、電池が長持ちして良いと思ったのです。主に星を見る方向けの高価格のものでは、「ワンプッシュで数分間防振」というタイプもありますが。ただ最近だと、ライブなどは公演中かなり長時間にわたり見たいという話も聞いたので、そういう方にとってはワンプッシュ式の方がいいのかなと思い、採用しました。

今回のもうひとつのポイントは、グリップしやすい形になったことです。真ん中がくぼんでいて2つの筒がある形になってます。これまでの弊社の防振双眼鏡は手ブレ補正方式の構造上、真ん中がくぼんだ形が作りにくかったのです。

しかし今回は手ブレ補正にシフト方式を採用し、グリップしやすい形になりました。このシフト方式は、カメラの手ブレ補正のレンズと同じ方式です。双眼鏡にもカメラ用レンズと同様にレンズが何枚も入っていますが、その中の一部を手ブレに合わせて上下左右にシフトするように動かし、光が目の中に入るときには手ブレが止まっているというものです。

手ブレ補正のコントロールが左右でほんのちょっとでもずれていると、見ているうちに頭が痛くなることがあります。そういうことがないように作ってありますのでご安心ください。

島田:シフト方式は省電力にもなりますので、今回の技術的な進化は非常に大きかったです。従来と比べると、新製品の方がスペック上は大きいんですけど、ずっと握っているということを考えると、こちらの方が快適だと思います。

●防振双眼鏡はなぜ高いのか?
○実は複雑な構造

――素朴な疑問なんですが、開発の時はやはり何回も双眼鏡を見ているんですか?

家塚:何十回も何百回も見てます(笑)。

島田:開発者はもちろんですし、評価部門も厳しいので、そこをクリアするために、一緒に何十回何百回、それこそ数えきれないくらい見ています。

――じゃあ、バードウォッチングに出かけたりとか。

家塚:設計部門と評価部門の人たちと一緒に、開発している事業所の周りの公園に行って、双眼鏡を覗いていることもあります。あとは、社内で設計している人の頭を見たり(笑)。そうやって何百回も覗きながら、設計者や評価者が「こういうときはこのグリップの形だと疲れるから少し変えよう」とか、「ライブで下向きのときはどうか」と、使い方を想定して進めています。

島田:また、手ブレ補正の効き方も強ければいいわけではなく、心地良いところがあるんです。強くしすぎると、ちょっと動いただけでも視界がガクッと動いてしまって、ずっと見ていると気持ち悪くなってしまう。その辺の調整は、開発の努力のしどころだと思います。

――値段的にはかなりの嗜好品だという気もするのですが、値段が高いのはどんなところに理由があるんですか?

家塚: 新しい手ブレ補正技術の部分はもちろん、10数枚で構成されるレンズも高価なガラス材料を使っています。いちユーザーとして、気持ちはわかるので、できるだけコストは抑えて、と思うのですが、長く愛用していただく製品なので、多少不用意に何かにぶつかっても左右の視野の中心がずれないようにとか……外から見るとシンプルな形状なんですけど、中を開けると複雑なんですよね。

島田:双眼鏡って、価格帯のレンジが非常に広く、千円代のものから、数十万円のものまであるので、用途に合わせて選んでいただければと思います。

――値段の違いはなんだろうと思っていたのですが、ガラスなどの部分もポイントなんですね。

家塚:見えが良く高精度な双眼鏡を開発しようとすると、高価なガラス材料を使う必要があり、レンズ磨きの精度も高い技術が求められます。またそれらをしっかりと支える部品も必要になります。さらに左右のズレがないように作りこまなければいけません。
○一番声が上がっているところ

――新しい「パワードIS」はどんなところで使うと良いのですか?

家塚:多分ライブだと、基本的にパワードISが良いと思います。馬のレースなどを見るときは、追いかけて見ているとパワードISが手ブレだと判断し、戻そうとしてしまうときがあるんです。ライブでもよっぽど前の席にいて、アーティストが走ったりする場合は、通常の手ブレ補正の方が見やすいと思います。

実はこの新製品も、企画を始めた頃はバードウォッチング向けと思って作っていました。開発が進んでいくにつれてどんどん防振双眼鏡がライブ需要で盛り上がっていったんです。

――では今後、ライブ鑑賞や観劇に特化した製品が出る可能性もあるのでしょうか。

島田:今、一番声が上がってきていますし、市場の声はとても大事にしたいと考えています。

家塚:流行りに合わせて変わっていく製品ではないので、基本性能の高さは譲らずに。でも、今まで使われてなかったお客様の使い方も把握しながら、考えていきたいと思います。

●実際に製品を試してみると…それは禁断の果実
○実際に試してみると?

「使ってみるのが一番」という防振双眼鏡、実機を借りてみることに。といっても、なかなかコンサートなどに行く機会がないので、弊社の全社イベント(8,000人規模)で使用してみた。今回お借りしたのは、市場で一番人気の「10×30 IS II」、12倍と遠見に便利な「12×36 IS III」、そして今回新発売された「10×32 IS」だ。

まずどの双眼鏡でも「視界が明るい」「くっきり見える」というのは共通している。これだけで普段使っている手のひらサイズのオペラグラスとは全然見え方が違うが、やはり一定時間覗いていると目が疲れてくることは確か。レンズに映っているのがスーツ姿の部長などで、モチベーションが上がらないために、余計にそうなるのかもしれない。

そこで満を持してISボタンを押してみるが、即座に違いがわかるというものではない。心なしか、さっきよりもさらにくっきり見える気がする…? と思いながら、一定時間以上覗いていると、ストレスの度合いが違うことに気づく。さっきまで「覗いただけでくっきり見えた」と喜んでいたのに、ボタンを離すと、線が若干ぼやけてしまうように見えるのだ。防振機能を使って初めて「お前、ブレていたのか」と自分の手を見てしまう。そしてブレていたことに気づくと、ついボタンを押さずにはいられない、これは禁断の果実のような存在なのかもしれない。話している人の汗などもくっきり見えるのだが、映っているのはどうみても弊社の社員なので、好きなアーティストだったらさぞや楽しいだろう、と思われる。
○10×30 IS II

一番人気ということで、たしかに他の機と比べてみるとお手頃感がある。ひと通り試してみて持ちやすい! 軽い! と思ったが、もはや感覚が麻痺している可能性はあり。1万人弱の規模では、人物の全身が視界に入る。
○12×36 IS III

比べてみると、大きさ・明るさがぜんぜん違う。防振機能が生かされていることを一番顕著に感じることができた。1万人弱の規模では、常にアップで見ている感覚。
○10×32 IS

非常に持ちやすく、ISボタンを押しっぱなしにしなくていいことや、ISボタンが双眼鏡の中央ではなく右横についている点が他機と比べると圧倒的に楽。より鮮明に見える。
(佐々木なつみ)

関連記事(外部サイト)