内山理名、亡き父への誤解が解けた日 - 会見発言と「もうできない」真意

内山理名、亡き父への誤解が解けた日 - 会見発言と「もうできない」真意

画像提供:マイナビニュース

●「父親をそんなに好きではなかった」の真相
女優・内山理名(36)が10年ぶりとなる主演ドラマの会見で、「実は小さい頃、父親のことをそんなに好きではなかった」と告白したことがネットで話題になった。他界した父の財布から自分のテレホンカードが出てきたことで、幼いころに抱いていた印象が変化したという。初のNHK主演となる『マチ工場のオンナ』(11月24日スタート毎週金曜22:00〜22:49/NHK総合・全国放送・全7回)は、父と娘の関係で彼女と重なる部分があまりにも多い。

内山演じる32歳の専業主婦・有元光は、夫・大(永井大)と息子の3人で暮らしていたある日、過労で倒れた父・泰造(舘ひろし)がガンで余命4日であると医師から告げられる。父に反抗していた光だったが、"父の背中"を振り返りながら現実と向き合い、町工場の社長を継ぐと決意。光が第1話「大嫌いなお父さん」で父の金庫から見つけたミニカーは、幼い頃に光が肌身離さず持っていた大切な「思い出」でもあった。

俳優・女優のターニングポイントに焦点を当てるインタビュー連載「役者の岐路」の第3回。「内山理名」という一人の女性と父との関係の真相のほか、デビュー2年目での朝ドラ抜てき、その後の職業観の変化を通して、「女優・内山理名」の転機を探る。

○舘ひろしが演じた"大嫌いな父"

――ドラマ化の発表時、「不安も緊張もありますが」というコメントを出されていました。どのような心境だったのでしょうか?

どんな気持ちだったんだろう……3カ月ぐらい前のことなんですけど(笑)。いつもそうなんですが、はじまる時の気持ちってガラッと忘れちゃうんですよね。こうしたインタビューで「確かにそんなこと思ってたな」って思い出すことが多いです。

久しぶりの連ドラ座長だったんですが(『生徒諸君!』以来約10年ぶり)、台本が本当に面白くて原作もとてもすばらしかったので、さらに緊張していたのかもしれませんね。物語が面白ければ面白いほど「台本以上のものにしたい!」と燃えるんです。「面白い」と感じた最初の気持ちを一番大事にしたくて、それを届けられるのは自分次第だと思います。

――会見では「私でいいのかと思った」とおっしゃっていましたが、それでも台本を読み込むうちに先ほどのような気持ちに?

そうですね。どの作品でもそうなんですが、今回は最初に受けた衝撃が本当にすごかったです。

――そこまで引きつけられた理由は何だと思いますか?

第1話を読んだだけで主人公を好きになって、「早く現場に立ちたい」「ここに魂を込めたい」とすぐに入り込みました。それから、登場人物に悪い人がいなくて、どの人にも共感できるのも魅力で。深みがあって、温かい台本でした。私が演じた光は、自分の持っているものでしか勝負しないところも好き。強い女性ですよね。父親の泰造さんと似ているところがあるんだなとつくづく感じます。

――第1回は「大嫌いなお父さん」(11月24日放送)。人を「大嫌い」といえるまでには、それだけ相手のことを知る必要がありますよね。演じ終えて、父・泰造さんへの印象は変わりましたか?

第1話で亡くなってからも時々回想で現れるんですが、亡くなってから周りの人の話から父親がどんな人間だったのかを知っていきます。家庭で見せなかった父の顔や、どれだけ自分のことを思っていてくれたのかとか。会社を継いで、ようやく社長としての苦労も知ることになります。生きていた時にお父さんに言えなかった「ありがとう」という気持ち。後悔と共に「尊敬の思い」も強くなっていきます。それは亡くなってからじゃないと気づけなかったことで、でも生きている時には、たぶんお父さんも見せなかったこと。光も見ようと思ってなかったはずです。

○『スタジオパーク』で語った家族の思い出

――日常で知ろうとしても難しいですよね。

そうですね。当たり前のように日常が過ぎていって、知ろうとするきっかけもない。でも、光は会社を継ぐことになって知ろうとします。尊敬していなければ、自ら動き出すようなそういう力は出てこなかったと思うんです。悲しいけど、現実。そういうところも観てくださる方に伝わればいいなと。家族の死は誰もが経験することではあるので、共感してもらえるんじゃないかなと思います。

――会見で「父親のことをそんなに好きではなかった」とおっしゃっていたのが印象的でした。決して「嫌い」ではなく。先日の『NHKスタジオパーク』(11月25日放送)では、毎年軽井沢で家族旅行に行っていた話もされてたので交流はあったわけですよね?

父とはあまり思い出がないんですよ。『スタジオパーク』でお話したのは、毎年家族で軽井沢に行っていたことぐらいで。実は、夏と冬の軽井沢とお正月しか父との思い出がないんです。日常の父との思い出が全くなくて。

――この仕事をはじめたことが原因ではなくて、もともと距離があったと。

父は本当に仕事で忙しくて、私が寝る時でも帰って来ていなくて、起きた時にはもう仕事で出ているような生活でした。土日も仕事。軽井沢に行った時でも、久しぶりだからどう接したらいいか分からなくて。久しぶりすぎて恥ずかしかったんですよね。だから、普通の父と娘より距離感があったんだと思います。遊んでもらえないから、あまり好きになれなくて。でも、好きだったんですよね。仕事をしているお父さんはカッコイイなって思ってて、ずっと好きだったんですけど。でも、友だちから毎週末お出かけしたりする話を聞くと、全然違うんだって気づいて(笑)。一度もしてもらってないなぁとずっとモヤモヤしていました。

●「日曜日までの寂しい時間」が感動に
○話すようになったのは亡くなる数年前

――そういう関係性がその後も続いたんですか?

そうですね。でも、大人になってからは全然話すようにはなりましたけど、それでも普通の父と娘よりは距離感はあったと思います。「仕事」という共通の話題ができて、話すようになりました。

――出演作の感想も?

サラッと言うぐらいです(笑)。たぶん、照れ隠しだと思うんですよね。泰造さんを見ても思いますけど、たぶん照れてた(笑)。

――泰造さんの振る舞いには、随所にその恥じらいを感じます(笑)。

そう(笑)。子どもの頃はかわいくてかわいくてしょうがないけど、大人になってからはだんだん照れちゃうんですよね。私も幼い頃にかわいがってもらってたことが分かるような写真は結構出てくるんです。でも、記憶にあるのはさびしい思い出。大人になって話すようになったのは、亡くなる数年前ぐらいでした。もっと話せばよかったと後悔しています。

――亡くなられた後、お父さんのことについて知ることが多かったと会見でも発言されていましたね。財布の中に内山さんのテレホンカードが入っていたと。他にもそのような出来事があったんですか?

実家が神奈川なんですが、仕事がら東京に行くことが多かったみたいなんですね。父が亡くなった後、東京に友だちや知り合いがたくさんいたことがわかったんです。それは子どもの頃には知らなかったことで、私が行く先々で「お父さんにお世話になってました」という方が結構いて、お父さんとの思い出話をしてくださって。私の知らなかった「日曜日までのさびしい時間」の記憶が埋まっていきました。

お父さん、どこで何してるんだろう。幼い頃そう思っていた自分にとって、父の行きつけのお店があったりして、すごく感動したというか。仕事も含めて、すごく忙しかったんですよね。子どもには理解できないから、きっと言わなかったんでしょうね。

――今回のドラマとも重なりますね。

台本を読んだ時もドキッとしてしまって。そういうさびしさだったり、尊敬するところはたくさん共感できるところがあったので、自分の中での感情も引き出せたのかなと思います。

――『スタジオパーク』では、「現場ではドラマのことしか考えない」とおっしゃっていました。一方で、ご自身と重なる部分も多くて、会見では「『ここに必ずいる』と思いながら演じています」とも。いつもの撮影とは異なる状態だったのではないかと思ったのですが、いかがですか?

お芝居に入ると、プライベートのことは全く考えてません。ただ、自分の感情を引っ張っていないつもりでも、自然と出ているのかもしれませんね。感情は自分の中からしか生まれないもの。悔しいとか悲しいとか。でも、「父がここにいる」とはずっと思っています。

――そういったプライベートでの経験はやはり演技の支えになるものですか?

間違いなくなると思います。「演技のために」とは考えないですけど、いろいろなことは感じていないとは思います。感じられる自分でいたい。あまり壁は作りたくないし、頑固でありたくない。生きていたら「何もない」ことはないので、それを素直に感じていたいです。

○なぜ「無理をしない」を大切にしているのか

――インスタには「無理をしない」ことを大切にしていると書かれていました。常に心掛けていらっしゃるんですか?

そこだけ聞くと「何だろう?」と思われるかもしれませんが(笑)、先ほど言ったことにも通じることで、無理をしないでいろいろ感じていたい。自分に無理をしてストップするよりも、無理をしない自分を作っておくというか。あー、悲しい……泣こう……とか(笑)。そうやって自分の感情に素直になるということが、私にとって「無理をしない」こと。ヨガのインストラクターをやっているんですけど、みなさんには「無理をしないでくださいね」といつも声を掛けています。でも、絶対に無理しちゃうんですよ。ヨガはいつもそうで、レベルを上げるためにまず無理をしない自分を作っておくと、スッとできることが多いと思います。

――「無理をしない」は、ご両親の教えですか?

幼いころはどちらかというともっと不器用でしたし、無理をしている自分に気づかないことが多くて。でも、ほとんどの人はそうですよね。自分がヨガのクラスを始めた時にそうやって声を掛けても、みなさん絶対に無理をしてしまう。ということはきっと自分も同じで、「どうやれば無理をしないでいられるか」をいつも考えています。日常生活やお芝居では全く気づかないことでした。

――人に何かを教えるのは、すごく難しいことですよね。

言葉で人の心と体を動かすって、本当に難しいことだと思います。女優も違う面では人の心や体を動かしているとは思いますが、インストラクターは自分自身の言葉なのですごく考えます。研究して、体感して。東京に住んでいると、無理をすることがカッコイイとか、弱みを見せたくないとか、人と比べて負けたくないとか、私も無意識のうちにそうなってしまう。だからこそ自分を感じて、周りを感じて。今の私のテーマになっています。

――私はどうしても無理してしまいます(笑)。

別にいいんですよね(笑)。インスタには書ききれなかったんですが、自分を励ましていくというか。それはすごくエネルギー源にもなると思うんです。

――先ほどから話を聞いていて思うのですが、すごくメンタルコントロールに長けていらっしゃいますね。

もともと哲学とかに興味があったんですよね。女優は人の心や感情、人生と向き合うので自然と興味がわいて。私は基本的にあっけらかんとはしてるんですけど 本当に不器用でした。行くところまで行っても、それがどれくらいエネルギーを使うことなのか分からなかった。若い頃は体力があるからよかったのかもしれないですけど、気力があっても年々体が追いつかなくなってくるので(笑)。たぶん女性の30代っていろいろなバランスの変化があって、思い通りに行かないこともあると思うんですよね。

●デビュー20周年 辞めたいと思ったことは?
○朝ドラ『すずらん』抜てきの本音

――『スタジオパーク』ではデビュー当初の話もされていましたね。スカウトされて実感がないまま事務所に入り、翌年にはNHK連続テレビ小説『すずらん』に出演。とんでもないことですね(笑)。

そうなんです(笑)。テレビの収録現場には、カメラがあって人がたくさんいて、そこで撮影したものが「全国で放送される」という事実と結びつかなかったんです。放送されることは知っていても、なかなか想像できないというか……実感がわかなかったのは今でも覚えています。

――テレビで流れて、どう感じましたか?

「こうなるんだ」みたいな感じで(笑)、その時はちょっと恐いなとも思いました。深く考えられずにやってしまったことが、全国に流れてしまうことに。

――周囲の反響で実感がわいていったと。

でも、それからはあまり記憶がないんです(笑)。目の前のことを一生懸命やるしかなくて……実感……どうなんだろう。でも、「周りについていかなきゃ」とずっと思っていても、自分が主演になると逆に求められる立場に。その時に初めて「きちんとやってかなきゃ」と思うようになったんだと思います。

――辞めたいと思ったことはないんですか? 来年でデビュー20周年です。

辞めたい……「もうできない」と思ったことはあります。デビュー当時からマネージャーと距離が近いんですけど、マネージャーには「本当に無理です!」「絶対にこんなのできません!」と言ったこともありました(笑)。連ドラの台本を一気に3冊ぐらい渡されたこともあって。わがままとかではなくて、「自分では本当にできない」と思ったことはありました。自分のキャパを超えていたので。だから「辞めたい」より、「もうできない」と思ったことは何度もあります。取材で「現場から逃げたことがあったんですか?」と時々聞かれるんですけど、そうではないんです。
○「逃げ出した日」の真相

――たぶん、Wikipediaに書いてあるからだと思います(笑)。

私、現場から逃げ出したことは一度もないんですよ(笑)。逃げ出したら大問題です。現場ではなくて、マネージャーと話している時に「もうできない!」「明日行かない!」と言って家出みたいに逃げ出したことがあったんです。たぶん10代の頃だったかな。本当にパンクしそうで。でも……きちんと台本を持って逃げ出してたんです(笑)。

――さすがです(笑)。

マネージャーとは朝まで連絡取らなかったんですけど、翌日にはきちんと現場に行きました。反抗したのは対マネージャーであって、現場には絶対に行くつもりではいました。

――事実と大きく異なるので、必ず書いておきますね(笑)。

ありがとうございます。同じことを取材で話したはずなんですが、なかなか伝わらないものですね(笑)。

――とにかく投げ出すことは、ご自身の中では「良し」としなかったと。

そうですね。当時、電車に飛び乗って。現場に行かないという選択肢は、自分の中にはありません。20年間1度も……今、偉そうに言いましたけど当たり前ですよね(笑)。

――その場から逃げてしまいたくなる気持ちは、誰でも味わったことがあると思いますよ。

仕事をはじめて数年経った頃だったので、現場から逃げ出したらどれくら大変なことになるのか分かりますし、現場で大先輩方を見てどんなことを求められるのかも分かっているからこそ「できなかったらどうしよう」という不安とプレッシャーは常にありました。

――過酷な状況や現場を耐えてこられたのは、なぜだと思いますか?

「満足しない」からじゃないですかね? もっといいものに出会えるかもとか、理由はいっぱいあるんですけど。いい作品に出会うと、もう一度その快感を味わいたくなる。快感というのは、自分の中での役との一致とか、自分の中での許せないところを見つけた時とか。満足できないところは必ずあるんですけど、毎回100%以上の力を出し切っているつもりではあります。それが皆さんの目にどのように映っているのか、自分では分からないので。さらに、映像では編集や音声などいろいろな方の力が加わって作品ができていますから。

――インスタのクランクアップ報告では「この作品に出会えてよかった」と書いてありました。この一文にはどのような思いが込められていたのでしょうか。

ステキな3カ月を味わえてよかったなと思います。こんなにも役に全力投球できて、スタッフさんも、めちゃくちゃな私たちを見守ってくださって(笑)、本当に「いいものを撮ろう」と支えるスタッフの力も感じました。そして、こんなに楽しませてくれる共演者がいて。ずっと笑ってるので、笑いジワができちゃうんですよね(笑)。充実した毎日を送れて、そんな時間に「ありがとう」という気持ちです。純粋に物作りと向き合っていた、幸せな時間でした。
○さらに女優と向き合えるようになった転機

――さて、このインタビュー連載は「役者の岐路」をテーマにしています。第1回のオダギリジョーさんは映画『ゆれる』(06)が転機となり、第2回の松雪泰子さんは演技の本質は舞台にあったとおっしゃっています。内山さんにとっての、「役者の岐路」とは?

それぞれのきっかけがあるので……『ゆれる』は私も観て役者さんの大変さが伝わりました。あの時のオダギリさんもすごく覚えています。松雪さんみたいに舞台ですばらしいお芝居をされて……私も10年目に初めて舞台をやらせてもらって、お芝居に対する考え方が変わってたんですが……とにかくたくさんの岐路がありました。

でも、30歳を超えてから、やっと自分を見られるようになってきた気がします。それまでは、なかなか自分を褒めてあげられなかった。今の自分に納得しているというよりは、「今できることをやった」というか。監督と話し合って、自分の中では「精一杯やれた」ということを20代ではなかなか思えなかった。あっけらかんとはしてるんですけど、どこかでモヤッとしていて。

16歳から女優しかやってこなかった人生でしたが、ヨガのインストラクターをはじめたことによって、女優ではなく一人の人間として人と接することができて。人に接して、人の体に触れて。その人の仕事状況を聞ききながら、人の癖や疲れを知ったことは、自分が演じる役に反映しています。この役はこの職業だから、ここに疲れがたまるんだろうなとか。役柄を客観視できたんですよね。今振り返ると、女優以外の仕事をすることによって、もっと女優という仕事と向き合うことができたと思います。

■プロフィール内山理名1981年11月7日生まれ。神奈川県出身。O型。身長157センチ。高校1年生の時に地元でスカウトされ、芸能事務所・スウィートパワーに所属。翌年にはNHK連続テレビ小説『すずらん』で常盤貴子の幼少期役に抜てきされ、その後も、数々のドラマや映画に出演。2017年は、映画『ゆらり』で岡野真也とW主演。ヨガのインストラクターとしても活動し、全米ヨガアライアンスRYT200などの資格を取得している。
(水崎泰臣)

関連記事(外部サイト)