坂上忍、高樹沙耶に直撃インタビュー「3回くらい泣いちゃって」

坂上忍、高樹沙耶に直撃インタビュー「3回くらい泣いちゃって」

画像提供:マイナビニュース

俳優の坂上忍が、フジテレビ系情報バラエティ特番『バイキング・ザ・ゴールデン 坂上忍が2017年ニュースの主役を直撃! あの騒動の真相&裏側初告白SP』(29日18:00〜22:52)で、元女優の高樹沙耶元被告に直撃インタビューを敢行。このほど、東京・台場の同局でスタジオ収録後に取材に応じ、その時の心境を語った。

坂上忍

高樹は、今年4月に「大麻取締法違反(所持)」で懲役1年、執行猶予3年の判決を受け、現在も沖縄・石垣島に在住。坂上は、現地で直撃取材し、「なぜ大麻に手を出してしまったのか」「逮捕時の詳細」「法を犯したことへの罪の意識」「なぜまだ石垣島にいるのか」「現在の大麻への思い」といった質問を行った。

そのインタビューを振り返った坂上は「高樹さんは2時間くらいガッツリ話しましたね。3回くらい泣いちゃって、僕、途中で1回怒っちゃったし」と、本音でぶつかったことを紹介。その上で「向こうには向こうの筋道みたいなのがあって、そういうのを聞くと『あ、この人の中では、これが辻褄が合ってるからこういうことになるんだ』とか思って、そうすると自分はこの人とほぼ紙一重だよなと思いますね」と感じさせられたそうだ。

さらに坂上は、三男・良太郎が10月に覚せい剤取締法で逮捕され、涙の会見を行った清水アキラと、自衛隊の日報隠蔽問題で引責辞任した稲田朋美元防衛大臣にも直撃しており、「非常に疲れましたけど、濃厚な時間を過ごせましたと」と総括。

清水へのインタビューでは、「父の苦悩や、自分の会見が報道されているのをどういう目線で見ていたのかも聞けましたし、アキラさんの耳には届かないであろう息子さんの評判を、失礼ながらすり合わせるようなことをしたり、次男(事務所社長)もいたので『君のマネジメントのやり方もさ…』って説教もしました(笑)」と紹介した。

一方の稲田氏の印象は「非常に正直で、素直な方でした」というが、「正直に自分の力不足をお認めになったので、この方が防衛大臣をやられてたのかという怖さは当然感じるわけで、それはちょっと不思議な気分になりましたね」と複雑な心境になったそうだ。

そんな3人に共通しているのは「しゃべりたいということ。中には『あなたにしゃべりたいんだ』という方もいらっしゃった」ということだそうで、「口論になりましたし、泣かれる方もいらっしゃいました。今までにない言葉の感じ方ができたので、だいぶしびれるともいます。こんなこと考えてたのか、何でこのインタビューを引き受けたのかという理由も全部聞いているので」と予告。

「生放送でやってる以上のぶつかり方で、それぞれの方とお話させていただいているので、とくとご覧いただきたい」と見どころを語り、今後インタビューしてみたい人を聞かれると「貴乃花親方じゃないですか。速攻で話聞きたいですね」と即答していた。

番組では他にも、落選議員が集合して、今だから話せる政治と選挙の裏側暴露するコーナーや、オウム真理教・麻原彰晃に手錠をかけた警察官の初告白などを放送。

盛りだくさんの内容に、坂上は「ちょっとこの番組は狂ってると思います(笑)」と言いながら、「手応えは感じています。こういうのは、来年も再来年もとなっていかなきゃいけない番組だと思うので、(レギュラー放送も)もうちょっと頑張りたいですね」と気を引き締めていた。

関連記事(外部サイト)