マツコ、時計欲しがる社長令嬢に交渉役を志願「私が説得する!」

マツコ、時計欲しがる社長令嬢に交渉役を志願「私が説得する!」

画像提供:マイナビニュース

タレントのマツコ・デラックスがMCを務める日本テレビ系バラエティ番組『マツコ会議』(毎週土曜23:00〜)では、きょう23日の放送で、東京・銀座の高級腕時計と中継をつなぐ。

ブラッド・ピットが200万円のオーデマ ピゲを買ったというこの店では、普段から何百万円の高級時計をいくつも買っているセレブな客たちが、3カ月に1度交流会をしているそう。マツコ自身は「時計私したことないかも」「何もしたくなくない?スッキリしたくない?」と言うが、ケタ違いの高級時計に興味津々だ。店内に置いてある時計は数百万は当たり前で、一番安いものでも40万円はするという。

店内には、ダンディーな男性客が多い中、マツコが最初に話を聞いたのは24歳の社長令嬢。彼女が目をつけているのはパテック フィリップのカラトラバという時計(314万円)で、マツコが「どう?お父さまは買ってくれそう今日?」と尋ねるも、「大学卒業など人生の節目で買ってもらっているので次は多分結婚の時」といい、そんな彼女に対し、マツコは「結婚するってウソついて買ってもらえばいい。で、破談になったって言えばいいのよ」「お父さま今説得してみる?私が説得する!」と、自ら中継中に交渉に乗り出す。

そんな中、注文した2300万円の時計を取りに来たという経営者の男性に品物を見せてもらうと、ダイヤが散りばめられたキラキラ仕様で、マツコも仰天。さらに、店の金庫から世界三大時計の一つ、パテック フィリップの1億円超えの時計が登場し、その背面に施された細工に、時計マニアのセレブたちは興奮状態となる。

関連記事(外部サイト)