山下聖菜、もののふシリーズ出演の心境告白 「いつか私も」が「まさか」

女優の山下聖菜(19)が、来年2月8日から18日まで東京・天王洲銀河劇場で、同2月23日から25日まで大阪・森ノ宮ピロティホールで上演される舞台『駆けはやぶさ ひと大和』に出演することが22日、発表された。

山下聖菜

白虎隊の青春を描いた『もののふ白き虎』(15年)の反響を受けてシリーズ化し、第2弾は新撰組なき後の斎藤一を主軸に描いた『瞑るおおかみ黒き鴨』(16年)を上演。その最新作にして最終章となる本作は、5人組ダンス&ボーカルグループ・Da-iCEのボーカル・花村想太が初単独舞台主演で新撰組隊士・中島登を演じる。山下が演じるのは本作オリジナルキャラクター・音海役。中島登の幼なじみで近藤勇や土方歳三と同じ武州多摩出身、遊郭に身請けされて京で"音海"と名付けられた。

山下は同日、自身のブログでも出演を報告。過去2作を観劇していたことから「本当に大好きで憧れだった作品」と打ち明け、「いつか私もあの世界に、と強く願っていました。でも、まさか本当に、そんな作品に自分が出演させて頂けるなんて、正直本当に思いがけないことで。お話を頂いた際も、初めはあまりに唐突で実感が湧かなくて、時間が経って冷静になってから、やっと少しずつ喜びが込み上げてきました」と当時の心境をつづった。

喜びを感じる一方、「この作品に出演させて頂く責任も、同時に強く感じております」と気を引き締める。「沢山の方々に愛される、このもののふシリーズ。自分なりに、この作品に色を添えられるよう、誠心誠意臨ませて頂きます」と意気込み、「どんな世界が生まれるのか。音海がその世界でどのように生きるのか。とても楽しみです」と期待を寄せている。

今年は5作の舞台に出演するなど、飛躍の年となった山下。「19歳としても。これが初作品。色々な意味で、自分にとって大きな作品になると思います。皆さまに最高のものをお届けするべく、この作品において私が出来ることを、全力でやらせて頂きます」と気合いを入れ、「来年の二月。宜しくお願い致します」と呼び掛けている。

関連記事(外部サイト)