中島健人、小学生ですでに"ゴッド" 「修二と彰」 サンタにお願い

中島健人、小学生ですでに"ゴッド" 「修二と彰」 サンタにお願い

画像提供:マイナビニュース

アイドルグループ・Sexy Zoneの中島健人が23日、都内で行われた映画『未成年だけどコドモじゃない』(12月23日公開)の初日舞台挨拶に、平祐奈、英勉監督とともに登場した。

同作は水波風南による同名コミックを実写化。小学館のコミック誌『Sho-Comi』創刊50周年記念企画第1弾となる。文武両道で学校一のモテ男・鶴木尚(中島)が、天真爛漫なお嬢様・折山香琳(平)と高校生で結婚するが、尚にとっては折山家の経済力を目的とした"愛のない"結婚だった。"結婚したのに片思い"状態の香琳に、幼馴染のお金持ち・海老名五十鈴(知念)が離婚を迫る

作品にちなみ、中島と平の"コドモ"の時のクリスマスの写真が投影されると、観客からも歓声が上がる。大きな雪だるまの横で、足を組んで椅子に座った子供の頃の中島の写真に、平も「足、なが!! 変わらない! もう"ゴッド"だ!!」と驚いた様子で、中島は「ゴッドじゃないんだよまだ!」と照れていた。

小学校低学年の頃の写真だというが、「信じられないくらい出来上がってる」「ポーズも決まっている」と絶賛される中、「いいんだYO!」と終始照れていた中島だが、英監督が「隣(雪だるま)はお父さんですか?」とボケるとすかさずツッコミ。「溶けるお父さん、どんだけ儚いんですか」と苦笑しつつ、「あの雪だるま、まだありますけどね。モノにも一途なんで」とさらっと一途な面をのぞかせた。

また、クリスマスの思い出として「修二と彰の、『青春アミーゴ』のCDを頼んでました」と振り返った中島。「ジャニーズを志していた時だったので、『青春アミーゴをください』って手紙に書いて」と明かす。実際に朝「青春アミーゴ」がプレゼントされていたものの、24日の22時くらいに手紙を書いたため「しどろもどろな家庭内だった。サンタさんも焦ったんだと思います」と事情を思いやっていた。

イベントでは、中島と平がイチゴサイダーのシャンパンタワーで初日を祝い、Hey! Say! JUMPのコンサートのため名古屋にいる知念から映像のサプライズメッセージも上映された。

関連記事(外部サイト)