平祐奈、子供の頃の写真に「かわいい」歓声! 緊張も照れた笑顔に

平祐奈、子供の頃の写真に「かわいい」歓声! 緊張も照れた笑顔に

画像提供:マイナビニュース

女優の平祐奈が23日、都内で行われた映画『未成年だけどコドモじゃない』(12月23日公開)の初日舞台挨拶に、中島健人(Sexy Zone)、英勉監督とともに登場した。

同作は水波風南による同名コミックを実写化。小学館のコミック誌『Sho-Comi』創刊50周年記念企画第1弾となる。文武両道で学校一のモテ男・鶴木尚(中島)が、天真爛漫なお嬢様・折山香琳(平)と高校生で結婚するが、尚にとっては折山家の経済力を目的とした"愛のない"結婚だった。"結婚したのに片思い"状態の香琳に、幼馴染のお金持ち・海老名五十鈴(知念侑李)が離婚を迫る。

作品にちなみ、"コドモ"の頃のクリスマスの写真を披露した2人。平の写真が投影されると、観客からも「かわいい!」と声が上がり、中島も「すごい、もう華やか。くっきりしてるね、顔が」と称賛する。

平は「5歳くらいの頃です。フラメンコを習ってたんですよ。クリスマスイブにフラメンコの先生の発表会を見に行った時です」と状況を説明。中島が「服装もお洒落だね。ツリーを背景に、素敵ですね」とさらに褒めると、平は「クリスマスっぽい感じで」と照れた様子を見せていた。

公開初日に、前日から緊張していたという平は、「昨日は電車乗り間違えちゃうし、シャンプー2回しちゃうし、歯磨き粉で顔を洗いそうになっちゃった」と天然エピソードを披露した。

関連記事(外部サイト)