篠原涼子演じる市長、リコールで住民投票へ…『民衆の敵』最終回

篠原涼子演じる市長、リコールで住民投票へ…『民衆の敵』最終回

画像提供:マイナビニュース

女優の篠原涼子が主演するフジテレビ系月9ドラマ『民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?〜』は、あす25日に最終話を迎える。

篠原演じる平凡な主婦・佐藤智子が政治の世界に飛び込み、世にはびこる社会問題と腐った政治をぶった斬っていく同ドラマ。市長となった智子は、身に覚えのない不正献金疑惑、ニューポート計画反対などにより、人気が急落し、ついには"民衆の敵"というレッテルまで貼られてしまった。

協力者の新聞記者・平田和美(石田ゆり子)は、前市長・河原田晶子(余貴美子)を追いやったのも今回の件も、あおば市に奇妙な風が吹いているからだと智子に告げ、ニューポートを作りたがっているのは、議会のドン・犬崎和久(古田新太)ではなく、藤堂家ではないかとの疑いを持つ。しかし、智子は藤堂誠(高橋一生)は味方だと信じていた。

そして、和美が誠に呼び出される。誠は犬崎会派、政務活動費の領収書コピーを大量に持っており、不正流用の証拠として犬崎を告発することで、富田恭一(渡辺いっけい)の証言を引き出したいと主張。和美は、領収書の裏取りに動き出す。

一方、智子は、富田に電話し続けるのだが一向に通じないが、その頃、富田は犬崎の事務所にいた。犬崎は智子のリコールに必要な署名の不足分について、金で解決しろと命令する。

次の日、智子のもとに富田が。智子が証言を依頼すると、自分には何の得もないいい、子供の教育のために金が必要だと訴える。そして富田は、自分を責める前にこんな世の中を責めてくれと言い放ち去っていく。

そんな中、智子のリコール署名が規定人数に達し、住民投票の日程が決定。井上(菅原大吉)とニューポート建設予定地を歩いていた智子は、あるものに目が留まる…。

関連記事(外部サイト)