天龍源一郎がクイズを出題 - 三四郎・小宮「こんなこと言ってた?」

天龍源一郎がクイズを出題 - 三四郎・小宮「こんなこと言ってた?」

画像提供:マイナビニュース

元プロレスラーの天龍源一郎が、カンテレの単発バラエティ番組『凡人はハンデあり!!〜強ぇヤツにはどうすりゃ勝てる?〜』(来年1月2日23:40〜24:40 ※関西ローカル)で、クイズの出題に挑む。

この番組は、「凡人」と「達人」の戦いが互角になるような「ハンデ」を予想する、新感覚のクイズバラエティ。劇団ひとりがMCを務め、「ハンデ」を考案する"ハンデ師"として、ケンドーコバヤシ、アンタッチャブルの柴田英嗣、REINAの3人が、それぞれの対決ごとに考え出した「ハンデ」をプレゼン。解答者のFUJIWARA、光浦靖子、鈴木奈々の4人は、その中から「凡人」が「達人」に勝てると思うベストハンデを予想する。

高校留年の凡人である三四郎・小宮浩信と、クイズ番組で大活躍の東大生・伊沢拓司の対決では、格闘技好きのケンコバが、「東大生の問題は、滑舌が悪いことで知られる元プロレスラー・天龍源一郎が読み上げる」というハンデを用意。問題を見た小宮が「こんなこと言ってた?」と首をかしげるほどの"超難問"となる。

カンテレでは、番組の放送を前に、この天龍が読み上げるクイズ動画をネット上で公開。初級・中級・上級の3つのレベルがあり、番組ホームページと公式YouTubeで配信されている。

関連記事(外部サイト)