松岡茉優の初主演『勝手にふるえてろ』初日満足度1位! 4点台の高得点

松岡茉優の初主演『勝手にふるえてろ』初日満足度1位! 4点台の高得点

画像提供:マイナビニュース

女優・松岡茉優(22)の初主演映画『勝手にふるえてろ』が23日に公開され、映画レビューサービス・Filmarks(フィルマークス)の初日満足度ランキングで1位になった。

女優の松岡茉優

同サービス内のデータに基づいた「2017年12月第4週上映スタート映画の初日満足度ランキング」は、12月第4週に上映が開始された映画を対象に、25日時点で平均★スコア(満点5.0)とレビュー数(Mark!数)を集計。★スコアが高い作品から順に、「Filmarks映画初日満足度ランキング」として算出した。Yahoo!映画で3.82点、映画.comで4.1点と、その他のレビューサービスでも高い数値を記録している(いずれも満点5.0点)。

レビュー数234で★スコア4.07を獲得した『勝手にふるえてろ』は、松岡にとっての初主演映画。芥川賞作家・綿矢りさの同名小説を原作とし、24歳のOL・ヨシカ(松岡)が、"脳内片思い"と"リアル恋愛"の2つの恋に揺れ暴走する。ヨシカが10年間片思いしている中学の同級生"イチ"を北村匠海、会社の同期でヨシカのことを熱烈に愛する"ニ"を渡辺大知がそれぞれ演じている。

(C)2017映画「勝手にふるえてろ」製作委員会

同作の公式ツイッターは初日を迎えたことを報告しながら、「本当に心の底から、早く観ていただきたい。そう思える映画はなかなかないのです。宣伝スタッフが言うと嘘くさいかもですが、本気の本心です」とアピール。鑑賞した人々からも、称賛の声が多数上がっている。

第30回東京国際映画祭のコンペティション部門に出品され、観客賞を受賞した同作。松岡は、10月30日の舞台あいさつで、「演じているときも、たくさんの女の子に届いてほしいという気持ちより、報われてほしい人がたくさんいるなと思っていた」と明かし、「映画を見て下さった関係者から『笑った』『おもしろかった』と言っていただいた。ポスターにも"ラブコメ"と書いてあるけど、ラブコメだと思って撮ってない」と同作について語っていた。

■Filmarks映画初日満足度ランキング(12月第4週)
1位『勝手にふるえてろ』 スコア:★4.07 レビュー数:234
2位『未成年だけどコドモじゃない』 スコア:★3.65 レビュー数:56
3位『カンフー・ヨガ』 スコア:★3.45 レビュー数:141
4位『フラットライナーズ』 スコア:★3.07 レビュー数:127

※対象は、公開日から12月25日までの★スコアが3.0以上の作品、公開日から12月25日までのレビュー数(Mark!数)が30件以上の作品。★スコアは、映画鑑賞後に各ユーザーが★の数で評価をしたもので、レビュー投稿(Mark!)は1作品につき1人1件まで。

関連記事(外部サイト)