佐藤健、土屋太鳳からの熱い手紙にガチ照れ! 「変わらぬ孫愛」

佐藤健、土屋太鳳からの熱い手紙にガチ照れ! 「変わらぬ孫愛」

画像提供:マイナビニュース

●土屋太鳳を尊敬
映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』(12月16日公開)の大ヒット御礼舞台挨拶が25日に都内で行われ、佐藤健、土屋太鳳が登場した。

同作はYouTubeに投稿された動画をきっかけに「奇跡の結婚式」として数多くのメディアに取り上げられた実話をベースに、『64 ロクヨン前・後編』(16年)などで知られる瀬々敬久監督がメガホンを取る。結婚式を間近に控えながら原因不明の病で昏睡状態となってしまった麻衣(土屋)と、諦めずに回復を祈り続けた尚志(佐藤)の姿を描く。

イベントでは2つのサプライズが実施された。1つ目は、客席のカップルが登場し、彼氏が彼女にその場でプロポーズするというもの。驚く彼女・伊藤恵理香さんに、彼氏の高田宗幸さんが「愛を教えられた。何があっても絶対に守る。僕と結婚してください」と語りかけると、彼女は承諾し、会場は拍手に包まれた。

土屋は「感動しちゃって! 私たちこそこの場にいられて幸せです」と笑顔を見せる。また佐藤はこのプロポーズに「言うねえ〜!!」と感心し、「女性はそんなストレートなことが嬉しいと思いますね。かっこいいですねえ。俺言えないよそんなの、すごいよ」と称賛した。さらに"人前式"として、会場の観客を代表し、佐藤と土屋が立会人として結婚証明書にサインした。

また2つ目のサプライズとして、最後に土屋から佐藤への手紙が読み上げられた。初日の舞台挨拶では佐藤から土屋への手紙がサプライズだったため、お返しという形に。佐藤は「家で読むので、大丈夫です。そんな、皆様の前で恥ずかしいじゃないですか! 僕だけの思い出にしちゃダメですか?」と照れたが、会場の声に後押しされて土屋は手紙を読むことになった。

土屋が佐藤に「健先輩はドキュメンタリー番組で『変わらない愛はない』と言ってましたけど、変わらない愛は、あります。健先輩の中に」「健先輩の笑顔は素敵です。とてもチャーミングで、猫が笑った時みたいです」「その背中にたどり着けるよう、全力で追いかけていきたいと思います」と心のこもった言葉を読み上げると、佐藤は「恥ずかしいの10乗くらいですね。本当に嬉しいです」と感謝。「『変わらない愛がない』とか思っちゃう僕ですけど、まっすぐに本心から信じて口にできるような土屋さんに憧れがあるし、尊敬しています。今後ともよろしくお願いします」と頭を下げた。

●【全文】土屋太鳳から佐藤健への手紙
○土屋太鳳手紙全文

健先輩へ。

健先輩にお返事を書こうと決めたものの、伝えたいことがありすぎて、何から書けば良いのか、私は3日間考え続けました。一つだけはっきりわかるのは、健先輩は本当に本当にまっすぐな方なので、こういう場所用に選ぶ言葉なんていらないって思うだろうなということ。だから今日は、思ってることをそのまま舞台挨拶ということを意識しすぎず、まっすぐにしたためたいと思います。

健先輩と出会うことができたのは8年前のことでした。だからある意味本当に8年越しに妻役を演じさせていただいたわけなのですが、実はもう一つ、私は個人的にとても心に刺さっている健先輩の言葉がありました。それは2012年に放送されたあるドキュメンタリー番組での健先輩の言葉です。その時、今の私と同い年くらいの健先輩は「変わらない愛はない」とおっしゃいました。私はその時、なぜだかすごく強く、この方に「変わらない愛はある」と伝えたいと思ってしまって、テレビに向かって、そんなことはないですよと話しかけてしまったんです。一緒に見ていた家族は笑ったけれど、私は、理由はないのに本当に本気でした。

でもその時すでに健先輩はドキュメンタリーで密着されるほどスターでいらして、私は伝えると言ってもいつ伝えるんだろうと、自分で不思議に思ったりもしていたのですが、もしかしたらあの時から、この作品でご一緒する未来があったのかもしれないって、今勝手に思ってます。

変わらない愛は、あります。しかもそれは、健先輩の心の中に。どんな時もファンの方々に向き合い、感謝をして、エキストラさん方には現場の仲間として尊敬を持って接し、常に自分よりスタッフさんがたを労う健先輩の姿は、熱く、あたたかく、柔らかく、優しい。本当に豊かな、変わらぬ愛を宿していらっしゃいます。そして私はその姿や言葉、舞台挨拶で元気よく出て行く瞬間の楽しそうな背中、客席の方々を嬉しそうに見つめる目に、役者として大切なたくさんのことを教えていただきました。心から、心から、心から、感謝してます。

そしてもう一つ、健先輩! 健先輩の笑顔は最高に素敵です。健先輩はなんでもできて、なんでも知っていて、なんでもわかるのに、なぜか仕事以外の自分のことだけ、よくわかっていないと思います。だから、悪ガキから妻役までご一緒させていただいた私が、この場で全力で、責任を持って伝えさせていただきます。健先輩の笑顔は、素敵です。この作品の撮影中も、どんなに支えられたことか。

年上の男性に失礼かとは思いますが、とてもチャーミングで、猫が笑った時みたいです。多分、ご自分がご自分の笑顔を愛していないのかもしれなくて、その気持ち、自分の笑顔を私自身も好きではないので、わかります。でも健先輩の笑顔は、たくさんの人を幸せにするんです。だから、どうか、いつか健先輩の笑顔が健先輩ご自身をあたためるときが来ることを心から願っているし、その時まで私はしつこく、健先輩に笑顔が素敵だって伝え続けたいと思います。

お誕生日プレゼントをくださった時、健先輩に「おばあちゃんになるまで使います」って言ったら、「おばあちゃんになるまで同じもの使わないでしょ」っておっしゃいましたが、土屋太鳳は使いますよ! そしておばあちゃんになるまで、ずーっと健先輩の孫でいます。ですので、今までありがとうございましたとは書きません。性別が違うだけでコミュニケーションをとりにくくなる世界ではありますが、これからも同業の後輩の一人として、変わらぬ孫愛と一緒に宜しくお願いします。そしてまた、その背中にたどり着けるよう、全力で追いかけていきたいと思います。

2017年12月24日 土屋太鳳

関連記事(外部サイト)