秋ドラマ18作を採点! 最優秀作『先僕』 - "視聴率矛盾"に視聴者不満

秋ドラマ18作を採点! 最優秀作『先僕』 - "視聴率矛盾"に視聴者不満

画像提供:マイナビニュース

●高品質ほど視聴率が取れない
衆議院総選挙の影響で1週遅れのスタートとなった『民衆の敵』(フジテレビ系)を最後に、秋ドラマが終了。視聴率は平均20.9%を記録した『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』(テレビ朝日系)の独壇場だったが、『陸王』(TBS系)、『奥様は、取り扱い注意』(日本テレビ系)、『コウノドリ』(TBS系)も全話2桁視聴率を刻むなど、好結果を得る作品が多かった。

ここでは「高品質ほど視聴率が取れない矛盾」「秋ドラらしい手放しのハッピーエンド」という2つのポイントから秋ドラマを検証し、全18作を振り返っていく。今回も「視聴率や俳優の人気は無視」のドラマ解説者・木村隆志がガチ解説する。

※ドラマの結末などネタバレを含んだ内容です。これから視聴予定の方はご注意ください。

■ポイント1:高品質ほど視聴率が取れない矛盾

前述した4作が高視聴率を記録したが、決してその他の作品が劣っていたわけではない。低視聴率に苦しんだ『刑事ゆがみ』(フジテレビ系)、『明日の約束』(フジテレビ系)、『監獄のお姫さま』(TBS系)、『先に生まれただけの僕』(日本テレビ系)は、終始ネット上にコメントが飛び交い、その大半は絶賛だった。

あらためて高視聴率の4作を見ると、シンプルなテーマで、先の展開や結末が予想しやすいものばかり。対して低視聴率の4作は、テーマを掘り下げた分、思考力が必要であり、先の展開や結末が読めないものばかり。「リアルタイムで気軽に楽しむ」前者と、「録画してじっくり楽しみたい」後者と言えばわかりやすいのではないか。

“映像作品”としての質は後者のほうが高いが、テレビ事業がビジネスである以上、前者のコンセプトと結果は称えられるべきだろう。しかし、「セリフをじっくり聞きたい」「伏線を見逃さないために」という理由で録画されて視聴率が取れず叩かれてしまう後者のキャストとスタッフが報われない。

さらに、連日の低視聴率報道を目にした視聴者は、ネット上に何度となく不満を漏らしていた。「楽しんで見ているドラマが叩かれている」のが悔しいのだろうが、視聴者がここまで視聴率という指標に不満をぶつける状態は初めてではないか。

前者も後者も多様性が重要な連ドラに必要であることに疑いの余地はない。それだけに、後者が適正な評価を得られる視聴率以外の指標が求められる。

■ポイント2:秋ドラらしい手放しのハッピーエンド

連ドラは春夏秋冬、一年に4クール放送されるが、以前から「最もハッピーエンドが多いのは秋」と言われている。

その理由は、「最終回を迎える12月は一年の締めくくりだけに、後味の悪い終わり方は避けたい」「手放しのハッピーエンドを見て幸せな気持ちで年越ししてほしい」から。ラブストーリーなら「クリスマスに恋が成就」、ミステリーなら「すべての謎が解けて問題から解放」、医療モノなら「重病から奇跡の生還を果たす」などのポジティブな展開が目立つ。

今年の秋ドラマも、出色の爽快感を生んだ『陸王』『ドクターX』を筆頭に、『先に生まれただけの僕』『監獄のお姫さま』『コウノドリ』『民衆の敵』『ユニバーサル広告社』(テレビ東京系)『アシガール』(NHK)など、文句なしの大団円が続出。視聴者を笑顔にさせた。

謎を残して終わった『奥様は、取り扱い注意』は続編ありきの可能性が高いが、異彩を放ったのは『明日の約束』。生徒が自殺した原因に答えを求めず、ヒロインは学校を辞め、婚約者と別れるなどのシビアな結末を提示した。「つらい現実から生きて逃げて」というメッセージを投げかけたシーンは多くの視聴者を勇気づけ、どの作品よりも印象深かったと言える。

上記を踏まえた上で、秋ドラマの最優秀作品に挙げたいのは、『先に生まれただけの僕』。会社と学校の比較から、教育問題の切り取り方、教師と高校生の生態まで、考え抜かれた脚本・演出が冴え渡った。

その他で挙げておきたいのは、シリアスなテーマながら過剰な演出に走らず、ミステリーを交えて淡々と描いた『明日の約束』。放送枠の視聴者ニーズに、出来る限りの努力と工夫で応えた『陸王』。バディのバランスと愛らしさが出色だった『刑事ゆがみ』。ヒロインを徹底的に追い込み、復讐劇に奥行きを持たせた『ブラックリベンジ』(日本テレビ系)。よりシビアなエピソードを抽出して感動を呼び込んだ『コウノドリ』の5作。

主演男優では、貫禄たっぷりの浅野忠信と役所広司、女優では苦境に耐える演技で魅了した井上真央と木村多江。また、助演として主演の4人を盛り立てた神木隆之介、寺尾聰、及川光博、佐藤二朗、さらに風間杜夫、大森南朋、吉田羊、満島ひかり、手塚理美らの存在感も抜きんでていた。

【最優秀作品】『先に生まれただけの僕』 次点-『明日の約束』
【最優秀脚本】『先に生まれただけの僕』 次点-『明日の約束』
【最優秀演出】『刑事ゆがみ』 次点-『先に生まれただけの僕』
【最優秀主演男優】浅野忠信(『刑事ゆがみ』) 次点-役所広司(『陸王』)
【最優秀主演女優】井上真央(『明日の約束』) 次点-木村多江(『ブラックリベンジ』)
【最優秀助演男優】佐藤二朗(『ブラックリベンジ』) 次点-及川光博(『明日の約束』)
【最優秀助演女優】吉田羊(『コウノドリ』) 次点-満島ひかり(『監獄のお姫さま』)
【優秀若手俳優】遠藤健慎(『明日の約束』) 山口まゆ(『明日の約束』)

●全18作をガチ採点! 総合三ツ星は6作
全18作のひと言コメントと目安の採点(3点満点)

篠原涼子

○■『民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?〜』月曜21時〜 フジテレビ系

出演者:篠原涼子、高橋一生ほか
寸評:市民問題を掘り下げるのか、市政の闇を暴くのか。どちらにしてもツボを押さえて視聴者の共感を誘いたかったが、ヒロインに焦点を当てすぎてブレた印象。貧乏やバカなどの設定に引っ張られ、突然市長になるなどの強引な展開が戸惑いのもとに。カメラ目線で話す演出も、感情をブツ切り。
採点:【脚本☆☆ 演出☆ キャスト☆☆ 視聴率☆ 総合☆】

井上真央

○■『明日の約束』火曜21時〜 フジテレビ系

出演者:井上真央、仲間由紀恵ほか
寸評:2人の毒母、いじめ、体罰、不祥事対応などのシリアスなテーマを真っ向から扱い、他作のような脱力パートは皆無。その潔さは「さすがカンテレの火9」と称えたい。スクールカウンセラーの目線を通すことで学園ドラマに新風を吹き込み、キャストの技量を引き出すなど、文句なしの秀作。
採点:【脚本☆☆☆ 演出☆☆☆ キャスト☆☆☆ 視聴率☆ 総合☆☆☆】

小泉今日子

○■『監獄のお姫さま』火曜22時〜 TBS系

出演者:小泉今日子、菅野美穂ほか
寸評:視聴者が時系列の混乱を招いたことは間違いなく、宮藤官九郎の自由さが裏目に出た。ふだんより笑いが不発だった反面、おばさんの哀愁や温かさを感じさせるシーンは見応え十分。ただ、主演級の女優陣が魅力を発揮していたか? 伊勢谷友介イジリに偏りすぎてないか? などに疑問が残る。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆ キャスト☆☆ 視聴率☆☆ 総合☆☆】

綾瀬はるか

○■『奥様は、取り扱い注意』水曜22時〜 日本テレビ系

出演者:綾瀬はるか、西島秀俊ほか
寸評:原案・脚本の金城一紀が初の女性主演作で、劇的なモデルチェンジ。骨太な筋書きを捨て、時代劇のような勧善懲悪と、習い事や夫婦のイチャイチャなどの単純明快な作品に舵を切った。DVやイジメなど毎週の問題もステレオタイプだったが、綾瀬と西島の存在感とアクションで視聴率を呼び込んだ。
採点:【脚本☆ 演出☆☆ キャスト☆☆ 視聴率☆☆☆ 総合☆☆】

米倉涼子

○■『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』木曜21時〜 テレビ朝日系

出演者:米倉涼子、岸部一徳、西田敏行ほか
寸評:新たな試みも想定の範囲内……と思っていたら、最後に「未知子が病魔に倒れる」という壮絶なクライマックスを用意していた。「私、失敗しないので」は手術だけでなく、医者選びや備えの部分にも及ぶなど拡大解釈が進み、さらに無敵化。来年に予想される新シリーズのハードルを自ら上げた。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆ キャスト☆☆ 視聴率☆☆☆ 総合☆☆】

浅野忠信

○■『刑事ゆがみ』木曜22時〜 フジテレビ系

出演者:浅野忠信、神木隆之介ほか
寸評:バディモノの最高峰。浅野&神木コンビは、ひたすら愛らしく、事件解決までの会話も名コンビのそれだった。熱狂的なファンを生んだのは、スタイリッシュかつ繊細な映像も含め、演出の勝利。脚本にバラつきこそあったものの1話完結の刑事ドラマにはつきものであり、続編の期待値は高い。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆☆ キャスト☆☆☆ 視聴率☆ 総合☆☆☆】

木村多江

○■『ブラックリベンジ』木曜23時59分〜 日本テレビ系

出演者:木村多江、佐藤二朗、鈴木砂羽ほか
寸評:復讐劇は息切れしがちだが、佐藤二朗の変わり身で引きつけ、最後までサスペンス感をキープ。序盤では復讐の鬼となり、中盤に窮地へ追い込まれ、終盤に絶望させられるヒロインの変化を描いたオリジナル脚本は見応えがあった。セットなど美術面のこだわりも随所に。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆☆ キャスト☆☆☆ 視聴率☆ 総合☆☆☆】

沢村一樹

○■『ユニバーサル広告社〜あなたの人生、売り込みます!〜』金曜20時〜 テレビ東京系

出演者:沢村一樹、和久井映見ほか
寸評:ひたすら癒し、なごみ、のんびりの岡田惠和ワールド炸裂。『ひよっこ』のキャストも、商店街の一員として溶け込んでいた。必然的に劇的な展開は望めないため、批判が多くなるのは仕方なし。人々の心が少しずつ1つになっていく姿を描いていただけに、7話終了は物足りない。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆ キャスト☆☆ 視聴率☆ 総合☆☆】

綾野剛

○■『コウノドリ』金曜22時〜 TBS系

出演者:綾野剛、松岡茉優、吉田羊ほか
寸評:第2弾は、よりシビアなエピソードを立て続けに投入。涙を誘う展開が多かったのは、キャストよりもテーマをしっかり掘り下げていたからだろう。その真摯なスタンスは、抑えた演技に徹したキャストにも確実に浸透。劇中だけでなく、撮影現場でもチームの絆が育まれている様子がうかがえた。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆ キャスト☆☆☆ 視聴率☆☆☆ 総合☆☆☆】

滝藤賢一

○■『重要参考人探偵』金曜23時15分〜 テレビ朝日系

出演者:玉森裕太、小山慶一郎、滝藤賢一ほか
寸評:冒頭の死体遭遇がパターン化された分、「なぜ第一発見者になってしまうのか?」への期待が大きくなったが、肩すかしに終わった。事件、謎解き、ラスボスなどはすべてオーソドックスだったが、そこは純然たるイケメンドラマ。その役割はキッチリ果たしたし、滝藤賢一もいい仕事をしていた。
採点:【脚本☆ 演出☆☆ キャスト☆ 視聴率☆ 総合☆】

中村倫也

○■『新宿セブン』金曜24時12分〜 テレビ東京系

出演者:上田竜也、中村倫也、夏木マリほか
寸評:「Vシネか、三池映画か」という暗く重い世界観は見る人を選ぶが、怖さの中に優しさを潜ませた物語はしっかり。上田にやや凄みが足りない感はあったものの、脇を固める実力派の助演陣が盤石の演技でフォローしていた。原作漫画は連載中だけに、ネット配信での続編があっても面白そう。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆ キャスト☆☆ 視聴率☆ 総合☆☆】

黒島結菜

○■『アシガール』土曜18時5分〜 NHK

出演者:黒島結菜、健太郎、松下優也ほか
寸評:タイムスリップをベースにした歴史ファンタジーは数あれど、当作ほどカラッとしたムードの作品はなく、黒島の天真らんまんな魅力が爆発。健太郎の「若君」ぶりも含め、若さあふれる痛快作となった。史実にとらわれない架空の設定でどこまでやれるか、NHK時代劇の挑戦がもっと見たい。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆☆ キャスト☆☆☆ 視聴率☆ 総合☆☆】

多部未華子

○■『先に生まれただけの僕』土曜22時〜 日本テレビ系

出演者:櫻井翔、蒼井優、多部未華子ほか
寸評:奨学金の返納から、受験に必要ない教科の勉強、アクティブラーニング、デジタル万引きまで、学園ドラマのテーマをアップデート。商社マンと教師の違い、現代高校生の生態なども、奇をてらうことなく自然体の描写でリアリティにつなげていた。脚本、演出ともに計算され尽くした傑作。
採点:【脚本☆☆☆ 演出☆☆☆ キャスト☆☆ 視聴率☆☆ 総合☆☆☆】

三浦春馬

○■『オトナ高校』土曜23時5分〜 テレビ朝日系

出演者:三浦春馬、黒木メイサほか
寸評:おふざけな舞台設定ながら、ディテールは現代男女の核心を突いたものもあり、笑いつつ共感できる仕上がりに。自分勝手で高飛車な「チェリート」の結末は、意外ではなく視聴者にとっては予想通りであり、これぞハッピーエンドか。終盤に向けて演出のキレがワンランクアップしたのも好印象。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆ キャスト☆☆ 視聴率☆ 総合☆☆】

真矢ミキ

○■『さくらの親子丼』土曜23時40分〜 フジテレビ系

出演者:真矢ミキ、吉本実憂、塚田僚一ほか
寸評:東海テレビが昼ドラ時代、得意だった人情話を復刻。「悲しい過去を持つ人々を主人公が正面からぶつかって救う」という展開は、深夜との相性がいいとは思えないが、往年のファンは確実に喜んだだろう。ただ、近未来のドラマ界を担う若手俳優の抜てきが少なかったのは残念。
採点:【脚本☆ 演出☆☆ キャスト☆ 視聴率☆ 総合☆】

板尾創路

○■『フリンジマン〜愛人の作り方教えます〜』土曜0時20分〜 テレビ東京系

出演者:板尾創路、大東駿介、淵上泰史ほか
寸評:ひたすら不倫にこだわる展開に笑えるか? そこが当作を楽しめるかどうかのポイント。その意味では、現在不倫中の人が最も楽しい作品だった。「ネタ」と「実践」の間にあるようなノウハウが笑いを誘った一方、時勢に合うテーマだけに、もっとハジけてほしかった感も。
採点:【脚本☆ 演出☆☆ キャスト☆☆ 視聴率☆ 総合☆】

役所広司

○■『陸王』日曜21時〜 TBS系

出演者:役所広司、山崎賢人、寺尾聰ほか
寸評:まさに力勝負。名優から阿川佐和子、松岡修造までの妥協なきキャスティングと、疾走感あふれるランニングシーンや大量のエキストラなどのこだわりで、視聴者をグイグイ引っ張った。「先の展開が分かっていても見たくなる、感動してしまう」のは『日曜劇場』の功績であり、努力の結晶。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆☆ キャスト☆☆☆ 視聴率☆☆☆ 総合☆☆☆】

ディーン・フジオカ

○■『今からあなたを脅迫します』日曜22時30分〜 日本テレビ系

出演者:ディーン・フジオカ、武井咲、鈴木伸之ほか
寸評:脅迫からアクション、ダジャレまで、すべてがディーン劇場。カッコよさに振り切ったことと、感情の伝わりにくいディーンの演技で、エモーショナルなシーンは最後まで盛り上がらず。各話の物語もヒーローモノの域を出なかった。「女子大生役の武井咲が妊娠」というアクシデントは不運。
採点:【脚本☆☆ 演出☆ キャスト☆ 視聴率☆ 総合☆】

■著者プロフィール木村隆志コラムニスト、テレビ・ドラマ解説者。雑誌やウェブに月間20本超のコラムを提供するほか、『新・週刊フジテレビ批評』『TBSレビュー』などに出演。取材歴2000人を超えるタレント専門インタビュアーでもある。1日のテレビ視聴は20時間(同時視聴含む)を超え、ドラマも毎クール全作品を視聴。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』『話しかけなくていい!会話術』など。
(木村隆志)

関連記事(外部サイト)