「ミス東スポ2018」GP1位はドMグラドルの嶋村瞳「縛られて拘束されたい!」

「ミス東スポ2018」GP1位はドMグラドルの嶋村瞳「縛られて拘束されたい!」

画像提供:マイナビニュース

ミス東スポ2018のグランプリに選ばれた中野聖子、嶋村瞳、奥川チカリ(左から)

今年で7回目を迎える東京スポーツ主催のミスコン「ミス東スポ2018」。今年の7月から28人の候補者が参加したサバイバル予選ステージで女たちの熱いバトルが繰り広げられてきたが、この日のイベントではグランプリや準グランプリ、特別賞が発表された。

グランプリの1位に名前を呼ばれたのは、"松浦ほよよ"の芸名でものまねタレントとしても活躍している嶋村瞳。芸能活動は5歳から子役として活躍し、現在はものまねタレントのほか、グラビアアイドルやタレントとしても活動している。「グランプリを獲る自信はあったんですが、まさか1位だとは思いませんでした。だからステージで発表された時は真っ白になりました。今まで1位になれなかったので、最後の最後で1位となり、ファンの皆さんには本当に感謝の気持ちでいっぱいです」と喜びの言葉。今後の目標としては「誰もが知ってくれるような有名なタレントになりたいです」と語り、好きなタイプを「見た目は気にしませんが、ドSな方がいいです。縛られて拘束されたいですね。DVDは5枚出しているんですが、最後の5枚目はSっ気でいこうと思ったら、やっていく内に困り顔になって結局Mになっちゃいました(笑)」と思わぬ暴露に会場を驚かせた。

グランプリの2位となったのは、2016年ミスヤングチャンピオン、ミスビジュアルウェブS2017に続き、3度目のミスコン挑戦で初めてグランプリを獲得した奥川チカリ。「オーディションは3度目で自信はあったんですが、途中で上手くいかないこともありました。絶対にグランプリになるという諦めないという気持ちで最後まで行けたのが良かったと思います。ファンの方はもちろん、たくさんの方々に支えられてここまで来れたと思っています」と感謝しきりで、「今後はグラビアもやっていきたいので、吉木りささんのようなバラエティーもこなせてコメント力や愛嬌のあるタレントさんになりたいと思います」と目を輝かせていた。また、グランプリ3位には、アイドルグループ「片目惚れ-hitomebore-」の中野聖子が獲得。「今日はお母さんの誕生日なので、グランプリの発表が25日だったのも導かれるものがあったのかなと思います。お母さんに最高のプレゼントが贈れますね」と笑顔を見せ、「私はスタイルが良い訳でもありませんが、演技力には誰にも負けない自信があります。将来的には女優を目指したいです」と意気込んでいた。

関連記事(外部サイト)