コード・ブルー、ドクターX、陸王…満足度で振り返る今年のドラマ

コード・ブルー、ドクターX、陸王…満足度で振り返る今年のドラマ

画像提供:マイナビニュース

●一貫して高満足度だった高視聴率3作品
今年のドラマを振り返ると、視聴率(ビデオリサーチ調べ・関東地区)では、7年ぶりの復活で大きな注目を集め、フジテレビの看板枠"月9"で7作ぶりの2ケタ視聴率と貢献した『コード・ブルー〜ドクターヘリ緊急救命〜THW THIRD SEASON』や、初回から20%を超え、最終回では25.3%と他のドラマを圧倒した『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』(テレビ朝日系)など、人気シリーズの活躍が目立った。

では、視聴者の声や満足度という点ではどうだろうか。データニュース社の視聴状況調査「テレビウォッチャー」で、膨大なデータと日々向き合う研究員が、2017年のドラマを満足度と視聴者の声から振り返る。

●「テレビウォッチャー」満足度調査概要
・対象局:地上波(NHK総合、NHK Eテレ、日本テレビ、テレビ朝日、TBS、テレビ東京、フジテレビ)
・サンプル数:関東1都6県、男性1,200+女性1,200=計2,400 ※回収数は毎日変動
・サンプル年齢構成:「20〜34歳」「35〜49歳」「50〜79歳」各年代男女各400サンプル
・調査方法:毎日モニターにテレビ視聴に関するアンケートを同じアンケートモニターへ配信、データを回収するウェブ調査
・採点方法:最高点を「5」とし、「3.7」以上を高満足度に基準

満足度が初回から最終回まで安定して高い位置をキープし続けたのは、やはり視聴率も好調だった山下智久主演『コード・ブルー』と、米倉涼子主演『ドクターX』の2作品。『コード・ブルー』は7年ぶりの復活で、ネット上では脚本家変更(1・2期の林宏司氏から安達奈緒子氏に変更)による懸念や、恋愛要素が多いなどのネガティブな意見も散見されたのが、初回満足度3.95(5段階評価、3.7以上が高満足度の基準)、最終回4.04、平均3.98と、一度も3.9台を下回ることなく好調をキープした。

また、自由記述による感想を見渡しても、脚本や恋愛に関するネガティブな言及はほぼなかった。だが、人気シリーズの根幹を支えるのはファン視聴者で、その中から少なからずネガティブな意見が出ているのも事実。来年7月27日に公開予定の映画版では、その懸念を払しょくする仕上がりになっていることを期待したい。

一方の『ドクターX』は、昨年に引き続き2年連続10月クールでの放送で、第5シーズンに突入した長寿シリーズだが、初回満足度3.92、最終回4.06、平均3.94という超高数値でフィニッシュ。マンネリを感じさせない、衰え知らずの強さを見せつけた。

注目は、最終回の満足度4.06で、この数値は全10話中最高の数値。最終回の感想を見ると「ドクターXで初めて泣いた」(60歳男性)、「こんなにウルウルした回は今までなかった」(52歳女性)、「全ての回が面白かったが、ラストはそれに加えて、心動かされた」(51歳男性)など、これだけエピソードを重ねながらも新たな一面を見せ、さらに視聴者を満足させるとは、この作品はまだまだ底知れない。

『陸王』

また、データが確定ではないが、今年放送されたドラマでナンバー1満足度に輝きそうなのが、役所広司主演『陸王』(TBS)で、4.08をマーク(27日回収分まで)。この作品も初回3.98と超高数値でスタートし、その後一度も4ポイント台を下回ることのないハイアベレージで推移した。最終話の感想では「この番組を観たことが、今年の収穫の一つ。結末が良かった」(65歳女性)、「感動した。その一言に尽きる」(26歳男性)など、視聴後感も最高だったようで、まだ暫定値ながら4.28に達した最終話の満足度は、年間トップに間違いないだろう。『半沢直樹』(2013年)から続く"池井戸潤原作×日曜劇場"のタッグはやはり強かった。

●ジワジワハマった『リバース』『あなそれ』

『リバース』

低調だった序盤から、ジワジワと盛り上がっていく様子が顕著だったのは、ともにTBSの4月期である藤原竜也主演『リバース』と、波瑠主演『あなたのことはそれほど』だ。

『リバース』は、同局で湊かなえの原作をドラマ化した『夜行観覧車』(13年)、『Nのために』(14年)に続く最新作で、前作はいずれも視聴者から高い評価を受けてきた。そのため、今作に対する期待値もかなり高く、「期待していたが、途中で飽きてしまった」(68歳女性)、「期待ハズレだった」(49歳男性)など、事件の発端を描くミステリーの初回ということもあり、単調に感じてしまった視聴者が多く、初回は3.51と低調なすべりだしとなった。

しかし2話以降、深まっていく謎と徐々に明かされていく事実に視聴者は夢中となり、2話以降は一度も3.9を下回ることなく、第7話から第9話まで、3回連続で最高値の4.28(『陸王』最終話の暫定値と同率)を記録。まさに、視聴者が最もハマった作品となった。

『あなたのことはそれほど』

『あなたのことはそれほど』は最近流行中の"不倫ドラマ"だが、波瑠演じる主人公が全く悪びれることなくそれに興じるという斬新なキャラクター設定ゆえに、「ストーリーが軽すぎる」(45歳女性)、「浮気してるのに平気な感じが今どきなの?」(49歳女性)など、視聴者からなかなか共感を得られず、初回満足度3.19とかなり低いスタートを切った。

だが、徐々に東出昌大演じる夫の狂気が見え始め、妻に天罰が下っていく展開に差し掛かると、「だんだん面白くなってきた。旦那、恐い。真面目な人ほど恐い」(55歳女性)、「ミツ(主人公)はどこまでクソなんだと呆れながらも来週も楽しみ」(55歳女性)など、東出の怪演も相まって、斬新なキャラクターさえもやみつきになる視聴者が急増した。最終回前の第9話で最高の3.90を記録し、最低だった初回からかなり振れ幅の大きい作品となった。
○"珍推移"を見せた『奥様は、取り扱い注意』

『奥様は、取り扱い注意』綾瀬はるか

初回に高数値を記録するも、失速してしまい中盤で最低を記録、しかしその後急上昇するという珍しい推移たどったのが、綾瀬はるか主演『奥様は、取り扱い注意』(日本テレビ、10月期)だ。

満足度は初回から、3.72 → 3.67 → 3.68 → 3.75 → 3.66 → 3.57 → 3.70 → 3.84 → 3.78 → 3.68。初回は高満足度の基準をクリアするも、2話以降は浮き沈みを繰り返し、第6話では自己最低になってしまうが、後半で盛り返していった。

その理由を視聴者の感想を追って探ると、高満足度を記録した初回では「綾瀬はるかさんのアクションが凄い」(46歳女性)、「やっつける場面が爽快」(53歳女性)など、前半はホームドラマ×アクションという新鮮なテイストに評価。一方、満足度が最低だった第6話では、「今回はテーマが重かったので暗い雰囲気だったのが残念!」(61歳女性)、「いくらひどい被害者だからって、犯人が捕まらない展開は良いのか少し疑問が残った」(37歳女性)など、中盤はややダークな内容に偏っていったことと、爽快な展開が見られず、視聴者のテンションを下げてしまった。

しかし、最高値を記録した第8話では「やはり旦那様も普通ではなかった。伏線がたくさん張られているので、今後が楽しみ」(36歳男性)、「前半は綾瀬はるかのアクション以外はまったりしていてつまらなかったが、後半は夫が怪しく見えてきたりサスペンス要素が出てきて面白くなった」(40歳男性)など、後半は怪しげに描かれてきた主人公の夫の素性を描いたことで視聴者のテンションを取り戻したようだ。10話近く続く連続ドラマにおいて、高満足度をキープさせることがいかに難しいかを示したドラマだった。

『ひよっこ』有村架純

その他、全156話中最終回の満足度が最も高いという、美しい着地をみせた有村架純主演のNHK朝ドラ『ひよっこ』(初回3.57→最終回4.12)。満足度3.89とドラマ通のみならず多くの視聴者をうならせた松たか子主演『カルテット』(TBS)、ゴールデン帯に深夜ドラマのゆるさを取り入れて満足度3.76と成功させた堤真一主演『スーパーサラリーマン佐江内氏』(日テレ)、浅野忠信民放ドラマ初主演で映像もストーリーも映画的な奥行きで視聴者を魅了し、満足度3.85と好調だった『刑事ゆがみ』(フジ)など、満足度という点で見ると良作はまだまだあった2017年。来年も豊作を期待したい。
(テレビウォッチャー研究員・大石庸平)

関連記事(外部サイト)