渡辺麻友、アイドル道を貫いた自身を讃える「真っすぐ頑張ってきたな自分!」

渡辺麻友、アイドル道を貫いた自身を讃える「真っすぐ頑張ってきたな自分!」

画像提供:マイナビニュース

AKB48の渡辺麻友が26日、東京・秋葉原のAKB48劇場で卒業公演を行い、終演後に都内で報道陣の取材に応じた。

渡辺麻友

AKB48のメンバーとして活動した11年の想いを尋ねられた渡辺は「12歳でAKBのオーディションに合格して、それから11年間、前だけを見てただひたすらに駆け抜けてきたので、今こうして最後の劇場公演を終えて、この11年間が幕を下ろそうとしているんだなって、急に実感が湧いてきて寂しいですね」としみじみと語り、思い描いていた理想に近づけたか問われると「デビュー当初は秋葉原の劇場で毎日ひたすら公演をやっているだけの日々で、こうやってテレビにたくさん出させていただいたり、こんなに大勢の方に囲まれることもなかなかなかったので、こんな未来は1ミリも想像できていなかったんですけど、11年間の最後にたくさんのファンの皆さんに見送られて終えることができて、本当に幸せだなあと思います」と満足気な表情を浮かべた。

また、AKB48を卒業すると恋愛解禁となるが、「恋愛はいかがですか」という恒例の質問に、渡辺は「機会があればできたらいいなあと。でも本当に(恋愛を)全然してこなかったので、自分大丈夫かなという怖さもあるんですけど(笑)、そういう機会やタイミングがあれば、ぜひしたいです」と意欲を見せ、結婚観については「結婚はあまりイメージできていなくて、けっこう私は仕事人間というか、お仕事が好きでそっちに熱中しちゃうタイプなので、まだまだ結婚は思い描けていないですね」と打ち明けた。

さらに、ノースキャンダルを貫いた渡辺は、"アイドルは恋愛をしてはいけない"という強い思いを持っていたのか尋ねられると「そうですね。やっぱり恋愛禁止というルールもあったので、そういうルールを守っちゃうタイプというか、そういうところにすごい真面目になっちゃうタイプなので、真面目に守り抜いた結果、こうなりました」と話し、そんな自分を誇りに思うか聞かれると「そういう私を応援して支持してくださった方もたくさんいらっしゃるので、そういう方々に支えていただけたことは誇りだなと思います」と胸を張った。

また、「自身にとって"アイドル"とはどんなもの?」と尋ねられた渡辺は、「個人的には、非現実的といいますか、表側のキラキラした部分しか見せず、裏側は見せないっていうものがアイドルなのかなって思います」と持論を語り、AKB48のメンバーとして自身は何点だったか自己採点を求められると、長考の末「150点! 11年間、真っすぐ頑張ってきたな自分! って自分に思うので、それくらいつけてあげてもいいかなと思います」とニッコリ。最後に「あなたにとってAKB48とは?」と投げかけられると「12歳で入って人生の半分はAKBだったので、私の人生と言っても過言ではないくらいです」と晴れやかな表情を浮かべた。

関連記事(外部サイト)