浅田真央、引退の真相語る「その時が一番つらかった」

浅田真央、引退の真相語る「その時が一番つらかった」

画像提供:マイナビニュース

今年4月に現役を引退したフィギュアスケーター・浅田真央(27)が、27日に放送されたフジテレビ系情報番組『めざましテレビ』(毎週月〜金5:25〜8:00)にVTR出演し、引退の真相を告白した。

浅田真央

浅田と宮里藍の初対面が実現したフジテレビ系『浅田真央×宮里藍 はじめましての2人』(30日18:00〜19:00)の一部が番組内で紹介され、その場面のトークテーマが「引退」だった。浅田と同じく、宮里も今年9月に現役を退いている。

1年間の休養を経て復帰したものの、思うような結果が出なかった浅田。「引退したいって思ってから続けるのってすごくつらかったです」「その時が一番つらかったです」と当時を振り返った。

さらに、「復帰してから1シーズンやったんですけど、ちょっと今のスケート界と違う。無理かも」「自分が置いていかれてるという感じがあって」「選手として勝てないんだったら辞めようと思って決めました」と引退を決断した心境を打ち明けていた。

30日の放送では、後半にサッカー女子・元日本代表の澤穂希と卓球の福原愛がサプライズ登場。日本を代表するレジェンド女子アスリート4人が、さまざまなテーマで語り合う。

関連記事(外部サイト)