『スター・ウォーズ』ローズ役女優、SW出演はアジア人の誇り

『スター・ウォーズ』ローズ役女優、SW出演はアジア人の誇り

画像提供:マイナビニュース

女優のケリー・マリー・トラン(28)は、アジア人として『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』に出演できたことが誇りだと語っている。シリーズ史上最も多人種が織り交ざった作品の一つとして高評価を受けている最新作となる第8弾で、ケリーはメインキャラクターの1人であるローズ・ティコ役を演じた。

ケリー・マリー・トラン(C)BANG Media International

ベトナム人の両親の元、カリフォルニア州サンディエゴで生まれたケリーは、これからはアジア人の少女たちがローズに自身を重ねられることに感動しているとヴァラエティ誌に語っている。

「たくさんの『スター・ウォーズ』ファン、中でもアジア人のファンたちは、これまでそっくりになれるような仮装のできるキャラクターがなかったし、もし今までのキャラクターの格好をしても『アジア人のレイ』とかって『アジア人』ってつけなきゃいけなかったでしょ」「だからこのキャラクターを自分に重ね合わせられる人たちを見ると感動するの。私にとってとても意味のあることだし、この感覚に飽きることはないでしょうね」

さらにその大きな意味を語る。「今回のことはとても光栄で責任のあることだわ。とても感激してる。本や映画、テレビなんかに自分のような人が出てこないのがどんな気持ちか覚えているから。子供の時ってキャラクターが大好きになるものでしょ。どこを見ても同じタイプのキャラクターしかいなくて、それらが自分とは違った外見で、違った話し方をしているのに気づくと、自分自身を変えたいって思い始めるの。私は子供の頃そうだったわ。だから前向きな変化の一部になれることにワクワクしているの」

同作にはケリーだけでなく様々な人種の俳優が起用されていることから、ケリーは「とても珍しいことだが、大事なこと」であり、今後の映画業界が変わっていくことを願っていると続けた。

(C)BANG Media International

関連記事(外部サイト)