嵐・二宮和也、AKB48の投票企画に驚き「なんで断らなかったんだろう」

嵐・二宮和也、AKB48の投票企画に驚き「なんで断らなかったんだろう」

画像提供:マイナビニュース

アイドルグループのAKB48が30日、東京・渋谷のNHKホールで、『第68回NHK紅白歌合戦』(NHK総合ほか 12月31日19:15〜23:45)のリハーサルに参加。白組司会の嵐・二宮和也が「AKB48曲目投票企画」に驚く場面があった。

今年のAKB48は、視聴者投票で選ばれた3曲をメドレーで披露する「AKB48曲目投票企画」を実施。23日に発表された最終候補10曲で決選投票を行い、最終結果は当日の生放送中に発表される(投票締め切りは30日正午)。

この日のリハーサルでは、前日に総監督の横山由依がくじ引きして決めたリハーサル用の3曲を歌唱。3位は松井珠理奈がセンターの「大声ダイヤモンド」、2位はNHK教育テレビ『からだであそぼ』のコーナー曲「ほねほねワルツ」、1位は年内でグループを卒業する渡辺麻友のラストセンター曲「11月のアンクレット」となった。

歌唱前に、指原莉乃が「本番の曲は本当に知らない。30パターン覚えました」と話すと、二宮は「なんで断らなかったんだろうね〜。すごいよね」とコメント。そして、リハーサルの3曲について「くじ引きで決めたの?」と驚き、「いやー大変だよね。大変ですよ」と感嘆していた。

今年の紅白のテーマは、昨年に続き「夢を歌おう」。総合司会はウッチャンナンチャンの内村光良と桑子真帆アナウンサー、紅組司会は有村架純、白組司会は嵐の二宮和也が務める。通算成績は紅組31勝、白組36勝。昨年は紅組が2年連続で勝利した。

関連記事(外部サイト)