安室奈美恵、小室哲哉プロデュースを振り返る - Huluが縦断密着

安室奈美恵、小室哲哉プロデュースを振り返る - Huluが縦断密着

画像提供:マイナビニュース

歌手の安室奈美恵に密着したHuluのドキュメンタリー番組『Documentary of Namie Amuro "Finally"』のエピソード4が、20日から配信スタート。今回は、全国のラジオ公開生放送の様子を伝える。

安室は、昨年の11月8日に出演したFM802『802 RADIO MASTERS』(大阪)を皮切りに、名古屋、札幌、福岡、東京と、ラジオ番組に連続生出演。最初の『802 RADIO MASTERS』は、引退を表明して以来初となる生放送に登場することもあり、涙ぐむファンが続出し、大声援を浴びていた。

この日は、現在200万枚以上のセールスを記録しているオールタイム・ベストアルバム『Finally』の発売当日で、会場の大阪・あべのキューズモールに集った大勢のファンの歓声の中、安室は「緊張しちゃいます…」と第一声。アルバムについての思いや、小室哲哉にプロデュースしてもらった曲について、そして小室のプロデュースを離れてからの自分など、25年のキャリアについてと心境の変化を語っている。

11月15日のAIR-G'『Sparkle Sparkler』(札幌)では、北海道で食べた物の話題に。「お寿司がおいしすぎて、食べすぎちゃう」とグルメトークをしているうちに、テンションが高くなってくる様子など、食べ物好きな素顔が見える映像も含まれている。

これらの出演は、ちょうど秋から冬へ移行する時期。北は小雪舞う札幌、南は九州福岡と全国を縦断した安室は、その場所ごとに全て私服で登場しており、各地での"安室流旅スタイル"も必見だ。

関連記事(外部サイト)