河相我聞、息子・沙羅と"親子リレー"で初共演「僕がドキドキしちゃって…」

河相我聞、息子・沙羅と"親子リレー"で初共演「僕がドキドキしちゃって…」

画像提供:マイナビニュース

俳優の河相我聞と長男の沙羅が、TBSで22日に放送される月曜名作劇場『はぐれ署長の殺人急行3』(20:00〜22:54)でドラマ初共演を果たすことがこのほど、明らかになった。

恵俊彰が主演を務める同作は、警察庁のスーパーエリートでありながら地方の警察署署長としてあちこち左遷されている鉄道オタクの北斗鉄太郎(恵)が、管内で起こった殺人事件を署長らしからぬ行動力と洞察力、そして趣味を活かした鉄道の知識で紐解いていく人気シリーズ。今回、事件のカギを握る重要人物・下山浩介役で河相我聞が出演し、その青年期を長男・沙羅が演じる“親子リレー”が実現。2人が演じる下山浩介は過去に凶悪事件を起こした少年Aで、鉄太郎が追う2つの殺人事件にも関与しているのではないかと疑われる役どころだ。

シングルファーザーとして2人の息子との暮らしをつづったブログが人気の我聞。ブログではつかず離れずの程よい親子関係のように見えるが、今回の親子リレーは緊張したよう。「撮影が始まるまでは何とも思わなかったのですが、いざ現場に入ると僕がドキドキしちゃって・・・。息子が撮影しているところを見たくなって、現場の後ろからこっそり覗いていました(笑)。見守るっていうよりは、なんか気になるんです」と現場での様子を明かし、「今回は同じ現場で同じ役を演じるせいなのか、緊張しましたね。家では普通にしゃべってるのに、現場ではぎこちなくて、一緒にいても何をしゃべっていいのか分からなくなりました(笑)」と打ち明けた。

また、沙羅の演技について「どうでしょう(笑)。よく頑張ってたな、という感じですかね(笑)」とコメント。「僕は息子たちの演技を見て一度も褒めたことがないらしいんです。他のことは褒めるけれど、芝居に関しては褒めないみたいなんです。それは、この仕事をすることを個人的には賛成していないからなんじゃないかと思います。役を掘り下げることは楽しいけれど、決して楽な仕事ではない。職人みたいな言い方をすると『甘い仕事じゃないんだぞ』と思っているから『頑張ったね』というのはあまり言わないですね」と明かし、今後について「息子がこの先も役者を続けるかどうかは本人に任せていますが、役者に関しては僕は手を貸さない、と思っています」と語った。

沙羅は、しばらく役者の仕事から離れていたにも関わらず、「悩むことなく10秒くらいで『やります』とお返事しました」と明かし、「作品としてもリアルですし『おもしろそうだな』と思ったので。不安はありましたけど、父親の青年期役が出来るのは僕しかいないと(笑)」と出演を決めた思いを告白。撮影現場では「普段家にいるのとそんなに変わらなかったです」と言い、「お芝居に関しては父は何も言わないので。でも一緒に出る立場になると新鮮な感じもしました」と振り返った。

そして、今後の目標について「役者の仕事から離れていましたが、きっぱり辞めたわけではありません。もともと役者は父の周りの人が声をかけてくれて始めたこと。役者をするうちに、やりたいことが他にも出てきたのでそっちをやってみようと思い、今は脚本を作ったり映像を撮ったりしています。宮藤官九郎さんのような、どっちもできる人になりたいと思います」と打ち明け、「もし次に父と共演するなら、父を逮捕する役が やりたいです(笑)」と話した。

(C)TBS

関連記事(外部サイト)