岩田剛典&菅田将暉、顔を見合わせ笑顔! 豪華俳優陣レッドカーペット

岩田剛典&菅田将暉、顔を見合わせ笑顔! 豪華俳優陣レッドカーペット

画像提供:マイナビニュース

第41回日本アカデミー賞の授賞式が2日、東京・品川のグランドプリンスホテル新高輪にて行われ、レッドカーペットに錚々たる俳優陣が登場した。

新人賞で登場したのは、中条あやみ、浜辺美波、北村匠海、竹内涼真といったフレッシュな面々。緊張した面持ちながら、堂々と歩いていく。優秀助演男優賞では、撮影中に足を負傷した役所広司がレッドカーペットを歩けなかったために、西村雅彦、松田龍平、村上虹郎の3人が登場した、役所は自席から笑顔を見せていた。

話題賞では、昨年『植物図鑑 運命の恋、拾いました』で受賞した岩田剛典がプレゼンターを務める。今回『帝一の國』で同賞の俳優部門を受賞した菅田将暉、『君の膵臓をたべたい』企画・プロデュースの臼井央とともに並んで登場したが、臼井から声をかけられた岩田と菅田は顔を見合わせ和気藹々とした様子を見せた。

主演男優賞では、大泉洋、岡田准一、佐藤健、菅田将暉、藤原竜也と現在の映画界を背負って立つ5人が登場。トップクラスの俳優たちは互いに笑顔で、客席に手を振りながらレッドカーペットを歩いて行った。

関連記事(外部サイト)