渡部建、妻妊娠で「無事生まれて」 児嶋は今回も「ネットで知った」

渡部建、妻妊娠で「無事生まれて」 児嶋は今回も「ネットで知った」

画像提供:マイナビニュース

お笑いコンビのアンジャッシュが2日、東京・麹町の日本テレビで行われた同局系バラエティ特番『エンタの神様 2018春SP(仮)』(24日19:00〜20:54)の収録後に取材に応じ、渡部建が妻・佐々木希の第1子妊娠を受けて心境を語った。

秋には父になる予定だという渡部だが、「まだ安定期に入っていないので、なんともコメントしづらいんですが、無事生まれてくるとうれしいです」と率直な心境を紹介。2月28日に一部報道によって佐々木の妊娠が報じられたが、「ちゃんとしたタイミングでこの話ができれば良かったんですけど、(子供に関する)夢は、無事生まれてからいろいろ考えたいなと思います」と、妻の体調を思いやっていた。

一方、相方の児嶋一哉は、今回も例によって「結婚の時と同じで、ネットで知りました」とおなじみの展開。渡部は「あんまり人に報告しちゃいけないもんだからね。申し訳ないです、すいません」と釈明したが、児嶋は「でも、こうやって(相方のプライベート知らないキャラで)言えた方がいいので、これからも報告はしないでほしい。『ネットで知ったわ!』って言いたいので、難しいところです」と複雑な心境をうかがわせた。

2003年4月19日にスタートした同番組は、この春で放送開始15年。05年1月22日と同年3月12日には、最高視聴率22.0%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)を記録し、10年3月でレギュラー放送が終了した後も、12年4月7日から特番として継続している。アンジャッシュは、番組草創期の03年6月7日の第8回放送から出演しているが、今回の放送が130回目の登場となる。

当初はコンビそろってスタイリッシュなキャラクターだったが、15年という月日がたって、児嶋はなぜかこのようなキレキャラに変貌。渡部は「児嶋のキャラクターをもっと生かしたようなネタができればと思いますね。昔作ったネタって、児嶋がちょっと賢く見えちゃったりするんですよ」と展望と悩みを明かし、当人は「(渡部も)お互いそうだと思うんですけど、コントにさらにキャラが乗っかっていったら、昔と同じようなことをやっても、深みとかウケ度が変わってくると思うので、人間味でより笑いが取れていったらいいなと思いますね」と、さらなるネタ作りに意欲を示していた。

関連記事(外部サイト)