中学生歌姫・丸山純奈、母に捧げるデビュー曲披露で初めての涙

中学生歌姫・丸山純奈、母に捧げるデビュー曲披露で初めての涙

画像提供:マイナビニュース

アイドルグループ・関ジャニ∞の村上信五と女優の黒木瞳がMCを務めるテレビ朝日系オーディション番組『今夜、誕生!音楽チャンプ』(毎週日曜21:58〜)では、きょう4日の放送で、中学2年生・丸山純奈がオリジナルデビュー曲を初披露する。

丸山純奈=テレビ朝日提供

丸山は、昨年の12月に開催された「第1回 中高生制服チャンプ」で優勝し、その後課せられたデビューのための5つの課題をクリア。今夜披露される楽曲は、番組の審査員でもある杉山勝彦が丸山のために書き下ろした「ドラマ」だ。

これは、巣立つ前の娘から母への心情を歌ったミディアムテンポの曲で、丸山は「お母さんへの感謝の気持ち、家族への思い、自分がいつも思っていることをそのまま書いてくださっている」と曲の印象をコメント。「感謝の気持ちを歌で届けたい」とステージに立つ。

その歌唱は、スタジオの全員を魅了し、審査段階では常に厳しい要求を出し続けてきた菅井秀憲も歌声に聴き入り、「あなたをチャンプにして良かった。(デビューは)当然の結果だと思います」と丸山を絶賛。そして、歌い終わった丸山は、その目に初めて涙を見せる。

関連記事(外部サイト)