『西郷どん』第9話、「江戸のヒー様」松田翔太ほか新キャラ続々登場

『西郷どん』第9話、「江戸のヒー様」松田翔太ほか新キャラ続々登場

画像提供:マイナビニュース

俳優・鈴木亮平が主演を務めるNHK大河ドラマ『西郷どん』(毎週日曜 NHK総合20:00〜20:45 BSプレミアム18:00〜18:45)の第9話「江戸のヒー様」が4日に放送される。

先週の第8話では、西郷家に不幸が重なり、須賀(橋本愛)が嫁入りした年でもあったために、隣人からは"不吉な嫁"と罵られる。そんな中、吉之助(鈴木亮平)は藩主・斉彬(渡辺謙)から江戸行きのお供に選ばれるが、旅費や江戸での生活費が自己負担であることから須賀から猛反対される。

9話では、吉之助は斉彬と共に江戸の薩摩藩邸に到着。品川宿の磯田屋に行くと、紆余曲折の末に江戸に流れてきた薩摩の貧しい百姓の娘・ふき(高梨臨)と再会する。そのふきをひいきにしているのは、周囲から「ヒー様」と呼ばれる町人風の謎の男(松田翔太)だった。

この9話について、鈴木は番組公式サイトを通じて「いよいよ江戸編が始まりもす!! 僕としては、第2回を思い出すような感覚でした」とコメント。「華やかな新キャラクターが続々登場です! この方たちとのコネクションが、西郷さんの一生の宝になっていくので、すべての始まりの章といっても過言ではないでしょう。薩摩ことばが江戸で通じなかったり、視聴者の方にも目新しい感覚で、異文化コミュニケーションも楽しんでもらえるはず。西郷どんの急激な成長がここから始まりますよ!」と視聴者に呼びかけている。

関連記事(外部サイト)